大倉忠義(関ジャニ∞)の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

 大倉忠義(おおくら ただよし)

 

 

1985516日生

身長178

 

大阪府出身の歌手、俳優、タレント

関ジャニ∞のメンバー

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

父親は居酒屋チェーン「鳥貴族」の社長で、弟が2人いる。

 

12歳だった1997年にV6の森田剛に憧れて、自ら履歴書を送った

ことがきっかけでジャニーズ事務所入り。

 

2000年の「怖い日曜日」で俳優デビュー。

 

2002年に関ジャニ∞の結成に参加して、グループは2004年の

「浪花いろは節」でメジャーデビュー。

 

 

2006年の「シンデレラになりたい!」でドラマ初主演して、

「滝沢演舞城」で舞台初出演。

 

2012年の「エイトレンジャー」で映画初主演して、

以降も「100回泣くこと」や「エイトレンジャー2」などの

映画に主演。

 

2014年の「Dr.DMAT」で連続ドラマ初主演。

 

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪商業大学高校(中退) 偏差値42(容易)

 

大倉忠義さんが入学したのは、私立の共学校の大阪商業大学高校です。

 

同校は男子バレーボール部が名門として知られ、多くのVリーグで

活躍する選手を輩出しています。

 

大倉さんは東大阪市立荒川小学校から東大阪市立俊徳中学校を経て、

同校に進学しています。

 

高校時代の情報は少ないですが、大倉さん自身が当時は人見知りで、

芸能活動をしていたこともあって、なかなかクラスメイトと

打ち解けることができなかったそうです。

 

また小学校6年生の時にジャニーズ事務所入りして、高校2年生の時には

関ジャニ∞が結成されましたので、仕事と学業の両立が困難になって、

高校は中退してしまっています。

 

しかし2014年の「関ジャニの仕分け∞」の番組内で高校認定試験への

合格を目指しました。

 

プロの家庭教師の指導の下で2カ月間で81時間勉強した結果、

見事合格して高卒の資格を得ています。

 

現在では所属する関ジャニ∞はジャニーズ事務所でも有数の

人気アイドルグループに成長しましたし、単独でも

俳優として映画や連続ドラマに主演するほどです。

 

まだまだ大きく飛躍しそうなので、今後の活動にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ