伊原剛志の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

伊原剛志(いはら つよし)

 

 

1963116日生

身長184

 

福岡県出身(大阪府育ち)の俳優

本名は伊原剛(旧名は尹惟久)

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

5人きょうだいの長男で、弟と妹が2人ずついる。

 

1982年にジャパンアクションクラブに入団。

 

1983年に舞台「真夜中のパーティー」で俳優デビュー。

 

1984年の映画「コータローまかりとおる!」で映画初出演。

 

 

同年の「素晴らしきサーカス野郎」でドラマ初出演。

 

以降は数多くの作品に出演して、テレビドラマの代表作は

「ふたりっ子」や「こちら本池上署シリーズ」、

「花子とアン」など。

 

「ガメラ」や「半落ち」、「硫黄島からの手紙」などの

映画にも出演している。

 

2001年に帰化した在日韓国・朝鮮人であることを告白。

 

2014年に「トクボウ」で連続ドラマ初主演。

 

1990年に女優の相築あきこと結婚するが、2000年に離婚。

 

2001年に一般人女性と再婚した。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 今宮高校 偏差値64(現在・やや難関)

 

伊原剛志さんの出身校は、府立の共学校の今宮高校です。

 

同校は1906年開学の伝統校で古くからの進学校ですが、

伊原さんの在籍は現在ほどレベルは高くなく、

偏差値も50台後半程度だったようです。

 

伊原さんは大阪市立巽中学校から同校に進学していますが、

中学生の時はラグビー部に在籍していました。

 

高校時代はサッカー部に在籍してゴールキーパーを務めるなど、

運動神経はよかったようです。

 

高校時代は体育教師を志していましたが、公立校の教師になるには

日本国籍が必要であることを知って断念しています。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

伊原剛志さんは高校卒業後は大学などに進学せず、

俳優を目指しています。

 

教師になることを断念して俳優に目標を切り替えて、

19歳の時にジャパンアクションクラブ(JAC)に入所します。

 

当時は俳優の真田広之さんもJACに在籍しており、

先輩にあたります。

 

以降は様々な作品に出演して、人気個性派俳優の地位も築きました。

 

主演作は多くありませんが、安定した演技力で話題のドラマや

映画に多く起用されています。

 

根強い人気も誇っていますので、今後の活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ