大西礼芳の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

大西礼芳(おおにし あやか)

 

 

1990629日生

身長160

 

三重県出身の女優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2009年に京都造形芸術大学のプロジェクト映画

MADE IN JAPAN」に、演技未経験ながらも主演。

 

2012年の「息もできない夏」でドラマ初出演。

 

以降も「花子とアン」や「花燃ゆ」、「コウノドリ」などの

連続ドラマに出演。

 

「爛れる」や「時ノカケラ」、「かなわぬ恋」などの

映画にも主演。

 

2013年の「不道徳教室」で舞台初出演。

 

2017年のNHKの朝ドラ「べっぴんさん」への出演で注目され、

「フランケンシュタインの恋」や「ごめん、愛している」の

話題作の連続ドラマにレギュラーとして起用される。

 

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:三重県 宇治山田商業高校 偏差値54(普通)

 

大西礼芳さんの出身校は、県立の共学校の宇治山田商業高校です。

 

同校は1908年創立の伝統校で、スポーツが非常に盛んなことで

知られており、特に硬式野球部が県内では強豪校です。

 

大西さんは中学から高校にかけては、吹奏楽部に所属して

サックスを担当。

 

高校時代には市民楽団でも演奏していました。

 

また商業高校のメリットを活かして、英検2級、簿記検定1級、

情報処理検定1級など様々な資格を取得しています。

 

(高校時代)

 

【主な卒業生】

野口みずき(マラソン金メダリスト)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:京都造形芸術大学 映画学科 偏差値48(やや容易)

 

大西礼芳さんは高校卒業後は、京都造形芸術大学に進学します。

 

俳優コースに在籍して女優を目指しますが、大学1年生の時に

いきなり同大のプロジェクト映画の主演に抜擢されます。

 

また在学中は映画祭の運営や映画の配給などにも関わっており、

映画ビジネス全体について身をもって学んだようです。

 

卒業後は地道にドラマや映画に出演を続けて、

じわじわと知名度を上げていきました。

 

そして2度目の出演となったNHKの朝ドラで注目され、

現在では話題作の連続ドラマにレギュラーで起用されるほどに

なりました。

 

演技には定評があり、今後はますます出演作も増えていく

でしょうから、その動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ