朝日奈央の学歴|出身高校や大学の偏差値と経歴

 

朝日奈央(あさひ なお)

 

 

1994421日生

身長164

 

埼玉県出身のタレント、女優

アイドリング!!!の元メンバー

本名同じ

 

以下では朝日奈央さんの学歴や経歴、中学校・高校の偏差値、中学校時代・高校時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2007年にティーン向けファッション誌「ラブベリー」の専属モデルとしてデビュー。

 

 

20084月に女性アイドルグループ「アイドリング!!!」に加入。

 

 

2010年のドラマ「怪物くん」で女優デビュー。

 

2011年にネット配信ドラマ「シークレットガールズ」でドラマ初主演。

 

 

2015年に「アイドリング!!!」を卒業。

 

 

2016年からアイドリング!!!OGが主体のアイドル集団「メンテナンス」に参加。

 

またタレントとしての活動が増えて、「ゴッドタン」や「超ポンコツさまぁ~ず」などのバラエティー番組に出演。

 

 

その他にも舞台女優や声優としても活動している。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:進学せず

 

朝日奈央さんは高校卒業後は大学などに進学せず、芸能活動に専念しています。

 

後述するように高校も芸能コースに通学していたことから、当初から大学などに進学するつもりはなかったのかもしれません。

 

高校卒業後は活動の幅を広げて、「古坂大魔王のカツアゲ!」や「女子コレクティブ」などのトーク番組にレギュラー出演しています。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:日出高校 芸能コース 偏差値42(容易)

 

 

朝日奈央さんの出身校は、多くの芸能人の母校として知られる日出高校です。

 

朝日さんは13歳の頃からモデルとして芸能活動を開始しており、より幅広く活動できるよう、同校の芸能コースに進学しています。

 

学生時代は基本的に勉強は苦手でしたが、体育と音楽は得意でした。

 

また小学校時代からアイドルに憧れており、モーニング娘。のオーディションを受けたこともありました。

 

高校時代はももクロの百田夏菜子さんや女優の松岡茉優さん、シンガーソングライターの家入レオさんらと同級生でした。

 

クラスではムードメーカーで、松岡さんは朝日さんと百田さんは「私の太陽だった」とインタビューで話しています。

 

後述するように自宅は羽村市にあったので、高校へ通学する際には朝5時に起床しています。

 

高校1年生の時にテレビドラマの「怪物くん」で女優デビューしています。

 

また高校2年生の時にはドラマ「シークレットガールズ」への出演を契機に、橋本楓さんや伊藤祐奈さんとともにグループ内ユニット「シークレットガールズ」を結成しています。

 

 

このように高校時代はアイドリング!!!での活動のほか、個人でも活動も広くおこなっており、仕事中心の高校生活だったようです。

 

また小学校・中学校の卒業式でも泣いてしまった朝日さんですが、高校の卒業式でもやはり号泣してしまっています。

 

 

学歴~出身中学校

 

スポンサードリンク



 

出身中学校:羽村市立羽村第二中学校

 

 

朝日奈央さんの出身中学校は、地元羽村市内の公立校の羽村第二中学校です。

 

中学1年生の時に「ラブベリー」の専属モデルとなって、芸能活動を開始。

 

そして中学2年生の時に「アイドリング!!!」に加入して、アイドルとしての活動も開始しています。

 

また当時から勉強はあまり得意ではありませんでしたが、体育や音楽といった科目は得意でした。

 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:不明

 

朝日奈央さんの出身小学校は不明です。

 

ただし通学していた中学校の校区からすれば、羽村市立松林小学校か羽村市立富士見小学校、羽村市立栄小学校のいずれかとなりそうです。

 

朝日さんは埼玉県で生まれていますが、小学校4年生の頃から羽村市に移住して、この街で育っています。

 

 

小学生の頃から活発で、スポーツが得意だったとのこと。

 

バラエティー番組で「小学校2年生のわんぱく相撲大会で優勝したことがある」と話しています。

 

以上が朝日奈央さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

長らくアイドリング!!!の中心メンバーとして活躍しましたが、21歳の時にグループを卒業して、以降はソロとして活動。

 

女優や声優などを務める傍ら、タレントとしても注目を集め、バラエティー番組への起用が増えています。

 

頭の回転が速く、トーク力もあり、本人もバラエティータレントになることを目指しているので、今後もメディアへの露出が増えていきそうです。

 

また司会やMCなどもこなせる器用さも兼ね備えており、年齢的にも大きな成長を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ