菅原小春の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

菅原小春(すがわら こはる)

 

 

1992214日生

身長170

 

千葉県出身のダンサー、振付師

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人姉妹の妹。

 

10歳の頃からダンスをはじめて、10代の頃には

DANCE ATTACK」や「SHONEN CHAMPLE」などの

様々な大会で優勝する。

 

2010年にロサンゼルスに渡り、独自のダンススタイルを生み出す。

 

帰国後は安室奈美恵やSMAPのバックダンサーを務める。

 

振付師としても活動しており、韓国のアイドルグループ少女時代や

倖田來未、SMAPなどの振り付けも担当。

 

モデルとしてもファッションショーやファッション誌に登場している。

 

2013年からはNIKEとコラボして、イベントなどにも出演。

 

2015年ごろからはタレントとしても活動して、「情熱大陸」や

「セブンルール」、「今夜くらべてみました」などの番組にも

出演している。

 

2016年にスティービー・ワンダーと共演したCMが話題になる。

 

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:通信制 星槎国際高校 偏差値なし

 

菅原小春さんの出身校は、通信制高校の星槎(せいさ)国際高校です。

 

同校は北海道の芦別市に拠点があり、札幌や横浜、大阪など

全国に幅広くキャンパスを設置している通信制専門の高校です。

 

菅原さんはサポート校のVAN栄光ハイスクールに通学して、

ダンスパフォーマーコースに在籍してダンスを学びながら

同校を卒業しています。

 

そのため高校3年間はダンスに明け暮れて、様々な大会に出場して

好成績も残しました。

 

本人も高校3年間を振り返って、「濃密で自分を成長させてくれて、

何よりも未来の自分につながる大切な時間だった」と語っています。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

菅原小春さんは高校卒業後は大学などに進学せず、

ロサンゼルスにダンス留学をしています。

 

そこでヒップホップやジャズ、ロッキンなどの様々なジャンルを

独自のメソッドで融合させたスタイルを確立して、

世界的にも注目されます。

 

帰国後はダンサーや振付師としての活動はもちろんのこと、

モデルやタレント業にも進出して人気を集めています。

 

特に本業のダンスは世界的にも注目されており、今後もさらに

ワールドワイドな活躍も期待されているので、その動向も気になります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ