薬丸裕英の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

薬丸裕英(やくまる ひろひで)

 

 

1966219日生

身長170

 

東京都出身のタレント、俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

当初はジャニーズ事務所に所属して、1981年の

3B組仙八先生」でドラマデビュー。

 

このドラマに出演していた本木雅弘、布川敏和とともに、

1982年アイドルグループ「シブがき隊」を結成して、

1STシングル「NAI NAI 16」でメジャーデビュー。

 

 

グループは「100%…SOかもね!」や「ZIG ZAG セブンティーン」

などのヒット曲を連発し、1982年から86年まで5年連続で

NHKの紅白歌合戦に出場したが、19888月に解散。

 

1989年の「弁護士・朝日岳之助」でドラマ初主演。

 

1994年の「億万長者になった男。」で映画初主演。

 

1990年代半ば頃からタレントとしての活動が多くなり、

1995年から「出没!アド街ック天国」にレギュラー出演し、

1996年から「はなまるマーケット」にレギュラー出演

2014年まで)

 

他にも「ぴったんこカンカン」や「バイキング」、

「生き物にサンキュー!!」などの番組にレギュラー出演している。

 

私生活では1990年に歌手の石川秀美と結婚し、

4人の子どもがいる。

 

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:明治大学附属中野高校 定時制(中退) 偏差値40(容易)

 

薬丸裕英さんの出身校は、明大中野高校の定時制です。

 

同校は2003年に定時制が廃止されるまで、堀越高校と並んで

多くの芸能人を輩出してきました。

 

薬丸さんは地元の武蔵村山市立第四中学校から同校に

進学しています。

 

薬丸さんは12歳の頃にジャニーズ事務所に入所しており、

より幅広く芸能活動をするために同校の定時制に進学しています。

 

薬丸さんが在籍当時は東山紀之さんや本木雅弘さん、

三田寛子さんらも同校に在籍していました。

 

しかし高校2年生の時にアイドルグループ「シブがき隊」で

デビューすると、ヒット曲を連発して瞬く間に

トップアイドルグループの仲間入りを果たします。

 

そのため仕事が非常に多忙となって通学できなくなり、

高校3年生の時に同校を中退しています。

 

「シブがき隊」解散後は俳優としての活動が中心になりますが、

徐々にタレントとして人気を博して多くのバラエティー番組や

情報番組に出演。

 

現在でも複数のレギュラー番組を持っている売れっ子ですから、

今後の動向にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ