手嶌葵の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

手嶌葵(てしま あおい)

 

10

 

1987621日生

身長174

 

福岡県出身の歌手

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2003年からヤマハが主宰するティーンエイジャーが対象の

音楽イベント「DIVA」に出場。

 

2005年に音楽イベント「日韓スローミュージックの世界」への

出演がきっかけで、ジブリ映画「ゲド戦記」の主題歌の歌手と

ヒロインの声優に抜擢される。

 

20066月にゲド戦記の主題歌「テルーの唄」でメジャーデビューを

果たし、30万枚を売り上げオリコン5位となる。

 

11

 

同年7月に1STアルバム「ゲド戦記歌集」をリリース。

 

以降も「奇跡の星」や「虹」、「さよならの夏」などの楽曲をリリース。

 

2016年にリリースした5THシングル「明日への手紙」が

ロングセラーとなって、久々のヒットを記録。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:CS音楽学院 高校コース 偏差値なし

 

手嶌葵さんの出身校は、福岡市にある音楽学校のCS音楽学院です。

 

同校は音楽学校でありながら、通信制のクラーク記念国際高校と

提携しており、音楽のレッスンを受けながら高校の資格が取れる

ことで知られています。

 

手嶌さんは中学生の時に対人関係から登校拒否に近い状態となり、

その時の心の支えが音楽だったので、歌手を目指して

同校に入学しています。

 

同校では高校コース・ヴォーカル学科に在籍してレッスンを

積んでおり、「自身の声の方向性を決めたところ」と回顧しています。

 

「もっともせつない歌声」とされる手嶌さんの声のルーツは、

高校時代にあったようです。

 

また高校3年生の時にはまったくの無名ながら、映画「ゲド戦記」の

主題歌の歌唱と声優を務めることが内定しました。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

手嶌葵さんは高校卒業後は大学などに進学せず、

歌手活動に専念しています。

 

高校を卒業した年の6月にメジャーデビューを果たすと、

デビューシングルも大ヒットして一躍「時の人」になります。

 

しかし以降は楽曲を量産することはなく、地に足のついた

マイペースな音楽活動で、徐々にファンも増えていきました。

 

今後の活動にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ