吉田栄作の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

吉田栄作(よしだ えいさく)

 

08

 

196913日生

身長182

 

神奈川県出身の俳優、タレント、歌手

 

経歴・プロフィール

 

スポンサードリンク



 

当初はモデルとして活動し、1988年の「ナイスガイ・コンテスト

イン・ジャパン」でグランプリを獲得したことがきっかけで、

1988年の映画「ガラスの少女」で俳優デビュー。

 

1989年に歌手デビューして、「心の旅」や「今を抱きしめて」

などがヒットして、1990年にNHK紅白歌合戦に初出場。

 

1991年の「代打教師秋葉、真剣です!」で映画初主演。

 

「君の瞳に恋してる」や「キモチいい恋したい」などの

トレンディードラマの出演を経て、1991年に主演した

「もう誰も愛さない」がヒットして人気俳優の仲間入りを果たす。

 

09

 

人気絶頂期の1990年代前半には織田裕二、加勢大周とともに

「トレンディ御三家」と呼ばれる。

 

1995年に芸能活動を休止して、役者修業のために渡米。

 

1998年に帰国後は俳優に復帰して、数多くのドラマや映画に出演。

 

私生活では1997年にモデルの平子理沙と結婚するが、

201512月に離婚。

 

002

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 秦野南が丘高校 偏差値42(容易)

※現在は秦野総合高校

 

吉田栄作さんの出身校は、県立の共学校の秦野南が丘高校です。

 

同校は部活動が盛んで、バレーボール部や柔道部が県内で

強豪とされていましたが、2008年に秦野総合高校となっています。

 

吉田さんは秦野市立本町中学校から同校に進学しています。

 

中学時代はバスケットボール部に所属して活躍しており、

高校でもバスケ部に入部しますがすぐに辞めています。

 

その後はウェイトリフティング同好会に所属して、

高校時代は体を鍛えまくっています。

 

高校時代には既に芸能界を目指すことを決意していました。

 

学歴~出身大学

 



 

出身大学:進学せず

 

吉田栄作さんは高校卒業後は、大学などに進学しませんでした。

 

高校卒業後はモデルとして活動を開始して、19歳の時に受けた

オーディションがきっかけで俳優デビュー。

 

その後は歌手としても活動するとともに、トレンディードラマで

人気を博して、瞬く間に人気俳優となっていきます。

 

当時はモデル出身者は俳優では成功しないという意見が支配的

でしたが、阿部寛さんらとともに当時の常識を覆して、

後進に道を作ったことは大きな功績です。

 

人気絶頂期は比較的短いもので終わりましたが、

現在でも脇役として多くの作品に起用されています。

 

確かな演技力で多くの作品を盛り上げており、

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ