市村正親の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

市村正親(いちむら まさちか)

 

06

 

1949128日生

身長170

 

埼玉県出身の俳優、声優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

1973年に劇団四季のオーディションに合格し、翌年に正式に入団。

 

以降は「オペラ座の怪人」や「キャッツ」などに主演して、

1980年代の劇団四季を代表する俳優となる。

 

07

 

1980年の「獅子の時代」でテレビドラマ初出演。

 

1989年にNHKの紅白歌合戦に初出場して、

「オペラ座の怪人」を歌った。

 

1990年に劇団四季を退団して、以降は主に「ミス・サイゴン」

などのミュージカルの舞台で活躍。

 

2000年頃からテレビドラマや映画に多く出演しはじめ、

2011年の「王様の家」でドラマ初主演。

 

以降も「ヤングブラック・ジャック」や「ATARU」、

「べっぴんさん」などの連続ドラマに出演。

 

私生活では1984年に劇団四季の女優・八重沢真美と結婚したが

2003年に離婚。

 

2005年に女優の篠原涼子と再婚し、2人の子どもがいる。

 

08

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:埼玉県 川越商業高校 偏差値 不明

※現在は川越高校

 

市村正親さんの出身校は、市立の共学校の川越商業高校です。

 

同校は伝統的にスポーツが盛んで、プロ野球選手や

バレーボール選手などを輩出してきました。

 

2002年に川越高校に校名変更して、商業科はなくなっています。

 

現在の偏差値は5153程度ですが、市村さんが在籍した当時は

不明です(ただし、現在よりも低かったと思われます)

 

高校時代は体操部に所属して器械体操に励みましたが、

2年生の時に首を負傷する大けがを負います。

 

そのため以降は演劇部にも所属して、演技の面白さを

知ることになります。

 

高校3年生の時に日活映画の「涙になりたい」に端役で出演して、

当時大スターだった石原裕次郎さんや小林旭さん、宍戸錠さんらを

スタジオで目の当たりにして、俳優になりたいと強く思うように

なりました。

 

【主な卒業生】

櫻井淳子(女優)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:専門学校 舞台芸術学院 偏差値なし

 

市村正親さんは高校卒業後は、専門学校の舞台芸術学院に

進学しています。

 

同校は昭和23年開校の老舗の俳優養成機関で、役所広司さんや

平岩紙さんらも同校の卒業生です。

 

市村さんは同校卒業後は俳優の西村晃さんの付き人を3年務めた後に、

24歳で劇団四季のオーディションに合格。

 

以降は四季の看板俳優として活躍し、退団後は舞台をはじめとして、

テレビドラマや映画にも進出。

 

現在でも多くの作品に出演しており、その傑出した演技力で

物語を盛り上げています。

 

既に70歳近い年齢ですが、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ