田中要次の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

 田中要次(たなか ようじ)

 

06

 

196388日生

身長178

 

長野県出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟の弟。

 

1989年にJR東海の職員時代に、親交のあった映画監督の依頼で

ミュージックビデオに出演。

 

1990年に俳優を志し、JR東海を退職。

 

1991年の映画「無能の人」に照明助手を兼ねてエキストラとして

出演し、監督で主演の竹中直人の目に留まる。

 

1998年からテレビドラマに出演しはじめる。

 

2001年に出演したドラマ「HERO」での「あるよ」の

セリフがウケて、以降は多くのドラマや映画、

バラエティー番組に出演。

 

09

 

テレビドラマでの代表作は、「HERO」や「逃亡者」、

「純と愛」など。

 

映画では「KILL BILL」や「手紙」、「家路」など。

 

2017年の「蠱毒 ミートボールマシン」で映画初主演。

 

既婚者である。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:長野県 木曽山林高校 偏差値40(容易)

 

田中要次さんの出身校は、県立の共学校の木曽山林高校です。

 

同校は1901年開学の伝統校でしたが、2007年に木曽高校と

統合されて、現在は木曽青峰高校となっています。

 

田中さんは中学校時代は放送部とバスケットボール部に

所属していましたが、女子のほとんどいない高校だったので

高校では女子が多かった演劇部に所属しています。

 

ただし1年生の時で違和感を覚えて退部して、軽音楽部に

入部し直します。

 

その後はバンドを組むなど、音楽活動が中心の高校時代でした。

 

08

(高校時代)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

田中要次さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、

当時の国鉄に就職します。

 

当初は塩尻駅にあった保線担当の部署に勤務しますが、

1987年の国鉄民営化に伴って、JR東海の社員となって

愛知県の岡崎保線区に配属されます。

 

26歳の時にミュージックビデオに出演したことがきっかけで、

本格的に俳優活動をはじめますが、下積み生活が長く、

35歳まではバイク便のライダーをやっていました。

 

しかしドラマの「HERO」の出演を機にブレイクを果たして、

以降は数多くのドラマや映画に出演して、タレントとしても

人気を博します。

 

安定した演技力はありますし、かなりの苦労人だけに、

末永い活躍を期待します。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ