金子賢の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

金子賢(かねこ けん)

 

06

 

19761019日生

身長183

 

東京都出身の俳優、タレント、元総合格闘家

本名はキム・ヒョン

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

1993年のドラマ「いちご白書」で俳優デビュー。

 

「ツインズ教師」や「じゃじゃ馬ならし」などの

連続ドラマの話題作に出演後、1996年の映画

「キッズ・リターン」で主演に抜擢されブレイク。

 

07

 

以降も「失楽園」や「走れ!公務員」、「恋の神様」などの

連続ドラマにレギュラー出演。

 

2004年に芸能活動を休止して、総合格闘家に転向。

 

2005年の「PRIDE男祭り」のオープニングセレモニーで

デビューするも、チャールズ・ベネットに一本負けを喫した。

 

09

 

総合格闘家としての戦績は0勝3敗で2006年をもって引退し、

翌年から俳優業を再開。

 

2010年の映画「あにき」で14年ぶりに主演した。

 

2014年にはボディビルの東京大会で優勝した。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都立大学附属高校 定時制 偏差値30程度

 

金子賢さんの出身校は、都立大学附属高校の定時制です。

 

同校は東京都立大学の附属校でしたが、2005年に都立大学が

首都大学東京に改組されたことから附属校ではなくなり、

2010年には都立桜修館中等教育学校に吸収されて

閉校になっています。

 

金子さんは同校の定時制に通学しながらもバレーボール部に

所属して、長身を活かして主力選手として活躍しています。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

金子賢さんは高校卒業後は大学などに進学していません。

 

高校を卒業した年に俳優デビューして、以降は芸能活動に

専念しています。

 

数作の連続ドラマの出演を経て、20歳の時に北野武監督の

映画「キッズ・リターン」の主役に起用されブレイクを

果たします。

 

以降も数々のドラマや映画に出演して順調にキャリアを

重ねていきましたが、28歳の時に「ようやく全身全霊を

かけて打ち込めるものが見つかった」として、

総合活動家に転向しています。

 

その後は再び俳優に復帰しましたが、ボディビルの大会で

優勝するなど、独特のスタンスを貫いています。

 

近年はさほど多くの作品に出演はしていませんが、

根強い人気を誇っているので、今後の動向にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ