鈴木砂羽の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

鈴木砂羽(すずき さわ)

 

11

 

1972920日生

身長164

 

静岡県出身の女優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

ひとりっ子で父親は画家、母親は絵画教室の先生。

 

1992年に文学座の研究生となり、同年の映画

「裸足のピクニック」で女優デビュー。

 

1994年の映画「愛の新世界」に主演して、日本映画史上初の

ヘアヌードシーンに挑み注目を集める。

 

10

 

1995年からはテレビドラマに出演し、「相棒シリーズ」や

「私立探偵濱マイク」、「あぐり」などの連続ドラマに

多数出演。

 

映画でも「劇場版 相棒」や「大奥」、「HERO」などに出演。

 

2015年の「ドラえもん、母になる」でドラマ初主演。

 

タレントとしてバラエティー番組への出演も多い。

 

私生活では2011年に10歳年下の俳優・吉川純広と結婚するも、

2015年に離婚。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:浜松江之島高校 偏差値45(容易)

 

鈴木砂羽さんの出身校は、県立の共学校の浜松江之島高校です。

 

浜松市立北部中学校から同校に進学しています。

 

鈴木さんは小学校1年生からモダンバレエを習っており、

高校時代もバレエに打ち込んでいました。

 

また高校生の頃には友人と自主映画を製作して出演するなど、

女優になったルーツは当時にあるようです。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:女子美術大学短期大学部(中退) 偏差値44(容易)

 

鈴木砂羽さんは高校卒業後は、東京杉並区にある

女子美術大学短大に入学します。

 

この短大は造形学やグラフィックデザインなどを学ぶことができ、

女優の賀来千香子さんらも卒業生です。

 

短大時代はバンドを結成するなど、アクティブに

活動していました。

 

また本格的に女優を目指すことになって、

短大は中退してしまっています。

 

その後は文学座に入所して、22歳の時にはR-18指定の映画で

ヘアヌードを披露して話題になりました。

 

しかし下積み生活も長く、25歳までは風呂なしのアパート暮らし

だったことを告白しています。

 

以降は徐々にドラマや映画に起用されはじめ、安定した演技力で

多くの作品に出演しています。

 

主演作はごくわずかですが、主要キャストとして脇を固め、

作品に花を添えています。

 

どのような役でも器用に演じられる貴重なバイプレーヤーなので、

末永い活躍を期待します。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ