内田篤人の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

内田篤人(うちだ あつと)

 

05

 

1988327日生

身長176㎝ 体重70kg

 

静岡県出身のプロサッカー選手

ポジションはDFでブンデスリーガ・シャルケ04所属

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

高校時代に頭角を現し、2006年に鹿島アントラーズに入団。

 

07

 

同年にクラブ史上初となる高卒ルーキーでのスタメン出場を果たす。

 

2008年に19歳にして日本代表に選出される。

 

2009年にJリーグ史上初となる鹿島の3連覇に貢献し、

2年連続でベストイレブンに選出される。

 

20107月にブンデスリーガのシャルケ04に完全移籍し、

以降はチームの主力として活躍。

 

08

 

同年のワールドカップ南アフリカ大会の日本代表に選出されるも、

本戦での出場はなし。

 

2014年のワールドカップブラジル大会では2大会連続で

日本代表に選出され、全試合スタメンフル出場した。

 

2015年に小学校の同級生だった一般人女性と結婚し、

2017年に第一子が誕生した。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:静岡県 清水東高校 偏差値66(難関)

 

内田篤人さんの出身校は、県立の共学校の清水東高校です。

 

同校は県内でも有数の進学校として知られるほか、サッカー部が

全国的な強豪で多くのJリーガーを輩出しています。

 

内田さんは函南町立函南中学校から同校に進学しています。

 

静岡県の公立校には「学校裁量枠」という一種のスポーツ推薦の

ような制度が存在しており、そのためにサッカーの同校や

野球の静岡高校(偏差値71)など、進学校でありながら

全国的なスポーツの強豪校が存在するのが特徴です。

 

しかし内田さんは中学時代はユースにも所属しておらず、

部活動でも目立った活躍はしていません。

 

また本人も将来の大学進学を視野に入れて同校に進学したと

語っていることから、学校裁量枠での入学ではなく、自力での

入学で相当高い学力を有していたと思われます。

 

なお同校のサッカー部の同期には、後にJリーガーとなる

多々良敦斗選手がいました。

 

そして内田さんの高校時代の活躍は目覚ましく、

卒業の際には7、8のJリーグのクラブから勧誘を受けています。

 

06

(高校時代)

 

その中の鹿島アントラーズに入団することになったので、

大学への進学はしていません。

 

その後の実績は周知の通りで、現在はブンデスリーガで

主力選手として活躍するとともに、日本代表としても

多くの試合に出場してきました。

 

甘いマスクでファンの人気も高い選手ですから、

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ