竹俣紅の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

竹俣紅(たけまた べに)

 

01

 

1998627日生

身長155

 

東京都出身の女流棋士

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

6歳の時に将棋をはじめ、8歳の時にはアマチュア初段に昇進。

 

02

 

小学校4年生だった2008年に駒姫名人戦に優勝。

 

2010年の女流王将戦にアマチュア代表として出場し、プロに連勝して

アマチュアの小学生としてははじめて女流タイトル戦の本戦に進出。

 

201210月にプロ入り。

 

2015年に倉敷藤花戦でベスト8に進出し、YAMADAチャレンジ杯で

準優勝などの好成績を収めて、20164月に女流初段に昇進。

 

同年よりワタナベエンターテインメントに所属して

タレント活動も開始。

 

「ワイドナショー」や「ぴったんこカンカン」などの

バラエティー番組に出演。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:渋谷教育学園渋谷高校 偏差値75(推定・超難関)

 

竹俣紅さんの出身校は、私立の共学校の渋谷教育学園渋谷高校です。

 

同校は都内でも最難関校のひとつに数えられる進学校で、

東大や京大などの最難関大学にも毎年複数名の合格者を

輩出しています。

 

また高校からの募集のない完全中高一貫校なので、

偏差値も推定になります。

 

竹俣さんも系列の渋谷教育学園渋谷中学校からの内部進学ですが、

この中学校も偏差値は73程度ですから、かなりの学力を有していた

ことが窺えます。

 

中学2年生の時にプロ棋士となっており、高校時代も

現役女子高生棋士として活躍しています。

 

03

 

なお高校3年生の時は大学受験のため1年間対局を休養するとともに、

タレント活動も開始しています。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:早稲田大学 政治経済学部 偏差値6870

※経済学科なら70、政治学科なら68

 

竹俣紅さんは高校卒業後は、名門私大の早稲田大学に進学しています。

 

高校時代から棋士としての実績を重ねていたのでAO入試でも

合格したようにも思えますが、一般入試での進学です。

 

当初から将棋部が強い早稲田大学への進学を希望しており、

看板学部の政治経済学部を第一志望としていました。

 

大学1年生となった20174月から対局に復帰しています。

 

その美貌で女流棋士としてはトップクラスの人気を誇る竹俣さん。

 

女流棋士としてもまだまだ強くなりそうですから、

さらなる飛躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ