武田真治の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

武田真治(たけだ しんじ)

 

04

 

19721218日生

身長165

 

北海道出身の俳優、タレント

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で、姉と妹がいる。

 

1989年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で

グランプリを獲得して芸能界入り。

 

1990年のドラマ「なかよし」で俳優デビュー。

 

1991年の「僕の歌は君の歌」でドラマ初主演。

 

1992年の「七人のおたく」で映画初出演。

 

1994年の「南くんの恋人」で連続ドラマ初主演。

 

06

 

以降も「こんな私に誰がした」や「フェイス」、

「君の手がささやいている」などのドラマに主演。

 

映画でも「大いなる幻影」や「子猫の涙」、

「今日からヒットマン」などに主演している。

 

サックス奏者としても活動する傍ら、「めちゃイケ」などの

バラエティー番組にも出演している。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:札幌北陵高校 偏差値53(当時・普通)

※後に都立高校に転校して卒業

 

武田真治さんの出身校は、道立の共学校の札幌北陵高校です。

 

同校は現在では進学実績が上がり偏差値も59程度と進学校化

していますが、武田さんが在籍した当時はさほどではありませんでした。

 

武田さんは札幌市立篠路西中学校から同校に進学しています。

 

チェッカーズに影響を受けて中学2年生の時からサックスを

はじめて、高校時代もサックス奏者になるために猛練習していました。

 

高校生の時には地元のアマチュアバンドで演奏をしていたほど

ですから、かなりの腕前だったようです。

 

高校2年生の時にオーディションでグランプリに輝いて芸能界入り

したことから、同校から都立高校へ転校して卒業しています。

 

なおオーディションに応募したのも俳優になるためではなく、

サックス奏者への足掛かりを掴むためと明かしています。

 

05

(高校時代)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

武田真治さんは高校卒業後は大学などに進学せず、

芸能活動に専念しています。

 

高校3年生の頃から多くのドラマに起用されはじめており、

進学する暇もなかったようです。

 

その後の活躍は目覚ましく、一時はアイドル的な人気を誇り、

連続ドラマに立て続けに主演したほどでした。

 

現在でもSPドラマで主演したり、連続ドラマで主要キャストを

務めるなど、未だに根強い人気を誇っています。

 

サックス奏者としてアルバムをリリースしたり、ミュージカルなどでも

精力的に活動を展開するなどしており、今後にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ