新木優子の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

新木優子(あらき ゆうこ)

 

05

 

19931215日生

身長165

 

東京都出身の女優、ファッションモデル

本名は石井優子

 

以下では新木優子さんの学歴や経歴、中学校や高校の偏差値、中学時代・高校時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

小学生の時にスカウトされて芸能事務所入りし、当初はPVなどに出演。

 

 

2008年の映画「錨を投げろ」でいきなり主演デビュー。

 

2009年の「リアル・クローズ」でドラマ初出演。

 

2010年の「Dropping」で舞台初出演。

 

2014年にファッション誌「nonno」の専属モデルとなり、モデルとしても「東京ガールズコレクション」や「ガールズアワード」などに出演。

 

06

 

2015年に8代目ゼクシィCMガールに抜擢。

 

07

 

以降も「いつかティファニーで朝食を」や「家売るオンナ」などの出演を経て、2016年の「ラブラブエイリアン」で連続ドラマは初主演。

 

 

映画でも「風のたより」や「インターン」で主演。

 

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:フェリス女学院大学(有力) 文学部英語英文学科 偏差値45(容易)

 

 

新木優子さんの出身大学は、フェリス女学院大学が有力です。

 

大学では英文学を専攻しており、留年などすることなく2016年に大学は卒業しています。

 

なお新木さんの出身大学を恵泉女学園大学とする情報もネット上にはありますが、フェリス女学院のように目撃情報はありません。

 

本人が大学について語っていないので確定情報ではありませんが、現時点ではフェリス女学院大学が有力と思われます。

 

大学3年生の時にファッション誌「non-no」の専属モデルとなったことで、大きな注目を集めました。

 

 

これをきっかけにファッションモデルとして注目され、若手女性タレントの登竜門でもある「ゼクシィ」のキャラクターにも起用されているので、新木さんにとって「non-no」は大きな転機になっています。

 

後述するように新木さんは小学校時代から女優志望でしたが、高校時代は女優としての仕事が少なく不遇の時代を送っています。

 

そのため大学4年間で結果が出なければ女優を辞める覚悟だったことをインタビューで次のように述べています。

 

「振り返ると、あっというまでしたね。高校から大学に入る頃にかけて、演技のお仕事をしたいけど、なかなかオーディションに受からなくて、うまくいかない日々が続いていた時期もありました。お仕事をやめたいと思ったことが一度もないわけではないんですけど、そう思いかけたときに、グッと踏ん張ってきました。大学に入るとき、大学に通っている4年間をリミットに結果が出せなかったら、そのときはやめようと考えていました」

 

どうやら「non-no」の専属モデルでの起用がなかったならば、女優新木優子もなかったのかもしれません。

 

「ゼクシィ」のCMに起用されると女優への道が開けて、大学時代は高校時代と比較できないほどのテレビドラマや映画に起用されることになります。

 

その後はドラマや映画への出演数も増えて、主演作も製作されるほどの人気女優になっています。

 

なお同じ「non-no」の専属モデルを務める馬場ふみかさんとは非常に仲が良く、インスタグラムなどでも2ショットを公開するほどです。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 霧が丘高校  偏差値48(やや容易)

 

 

新木優子さんの出身校は、県立の共学校の霧が丘高校が有力です。

 

この高校は横浜市にあり、部活動が盛んでバスケットボール部などが強豪として知られています。

 

なお新木さん出身高校は東京都の九段中等教育学校と思われてきましたが、どうやら制服などから考えてこちらの高校が有力です。

 

また新木さんは東京都板橋区の出身ですが、中学・高校時代は神奈川県に住んでいたとのことなどもその根拠のひとつになりそうです。

 

さらに大きな理由となりそうなのが、新木さんは高校時代にハンドボール部のマネージャーを務めていたことをインタビューで次のように語っています。

 

「ハンドボール部のマネジャーをしていました。練習でのボール拾いや、(引退前の)最後の試合の光景を思い出します。当時、一緒にマネジャーをしていた同級生とは今も良い関係を続けているんですよ。マネジャーをすることで、誰かを一生懸命に応援する、笑顔にすることの大切さを学びました。今の私の仕事は、本当にサポートしてもらうことが多いんです。支える側の気持ちを常に忘れないでいられるのも、高校時代の経験があったからこそだと思います」

 

そして霧が丘高校にはハンドボール部があるのに対し、九段中等教育校にはハンドボール部はありません。

 

そのため新木さんの出身高校はこの高校が有力です。

 

後述するように小学生時代に芸能界入りして、中学3年生からは女優としても活動していますが、さほど多くの作品に出演していません。

 

目立ったところは高校3年生の時に出演した深夜ドラマの「ドラゴン青年団」くらいです。

 

(ドラゴン青年団)

 

そのため新木さんは高校時代は女優としては出演作に恵まれておらず、普通の女子高生のような生活をしていたと思われます。

 

 

【主な卒業生】

中田宏(政治家・元横浜市長)

 

学歴~出身小学校・中学校

 



 

出身小学校:不明

 

出身中学校:不明

 

新木優子さんの出身小学校・中学校はともに公立小学校のようですが、校名などは不明です。

 

子供の頃は髪型もショートカットで、木登りが大好きな活発な少女でした。

 

小さい頃から女優に憧れており、小学校5年生の時に原宿の竹下通りでスカウトされています。

 

また小学6年生の時の卒業文集には夢は女優と書いています。

 

新木さんは中学生の頃には既に芸能活動を開始していましたが、吹奏楽部に所属してトランペットを担当しています。

 

そのため腹筋をかなり鍛えたそうです。

 

中学時代から「ももいろクローバーZ」の大ファンでした。

 

また中学時代に同じ人に3回告白して、すべてフラれていますが、諦めなかったエピソードを明らかにしています。

 

中学3年生の時に東京芸術大学大学院映像研究科が制作した「錨を投げろ」という自主製作映画に主演しています。

 

 

以上が新木優子さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

ファッションモデルとして人気が出た新木さんですが、このところは話題作の映画やドラマに立て続けに起用されています。

 

現在でも期待の若手女優に名前が挙がるほどで、演技の評価も良好です。

 

連続ドラマに主演するほどですし、さらに演技力を磨けば女優として大ブレイクを果たす可能性も秘めています。

 

今後はさらに出演作も増えそうですから注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ