豊川悦司の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

豊川悦司(とよかわ えつし)

 

07

 

1962318日生

身長186

 

大阪府出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

1980年代に演劇集団「円」の研究生を経て、

渡辺えり子が主宰する劇団3〇〇に入団。

 

1989年の「嫁・姑・大姑・3」でドラマ初出演し、

「君は僕を好きになる」で映画初出演。

 

001

 

1992年の主演作のドラマ「NIGHT HEAD」で注目される。

 

同年の映画「きらきらひかる」で日本アカデミー賞新人賞を受賞。

 

1995年のドラマ「愛していると言ってくれ」で大ブレイク。

 

09

 

以降も「青い鳥」や「危険な関係」、「弁護士のくず」などの

連続ドラマに主演している。

 

映画の代表作は「八つ墓村」や「日本沈没」、「20世紀少年」など。

 

私生活では2度の結婚歴と3人の子どもがいる。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 清水谷高校 偏差値64(やや難関)

 

豊川悦司さんの出身校は、府立の共学校の清水谷(しみずだに)高校です。

 

同校は明治34年設立の伝統校で、進学校としても知られており、

これまで多くの人材を政財界に送り出しています。

 

豊川さんは八尾市立志紀中学校から同校に進学しています。

 

私生活が謎に包まれている豊川さんの高校時代の情報も

ほとんどありません。

 

ただし以前の報道では中・高校生の時はかなり太っていて、

学校ではあまり印象的な生徒でもなく、女子からも

まったくモテなかったとのことです。

 

06

 

学歴~出身大学

 

出身大学:関西学院大学 文学部(中退) 偏差値60(やや難関)

 

豊川悦司さんは高校卒業後は、関西の名門私大の

関西学院大学に進学しています。

 

俳優を目指したのは同大に入学後で、大学1年生の時から

演劇部に所属して舞台を踏んでいます。

 

しかしその後は本格的に俳優になるために上京して、

橋爪功さんらが所属している劇団円の研究生になったことから、

大学は中退してしまっています。

 

その後は劇団3〇〇に入団して主宰者で女優の渡辺えり子さんに

見いだされ、主要キャストとして多くの舞台に起用されました。

 

舞台で注目を集めるとドラマや映画への出演が増えて、

33歳の時に出演したドラマ「愛していると言ってくれ」で

大ブレイクを果たしました。

 

以降も現在に至るまで多くのドラマや映画に主役級

として出演して、絶大な人気も得ています。

 

独特の雰囲気を持つ個性派俳優だけに、

今後の活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ