東野幸治の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

東野幸治(ひがしの こうじ)

 

002

 

196788日生

178㎝ 65kg

 

兵庫県出身のお笑いタレント

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で、兄と妹がいる。

 

1985年に吉本興業のオーディションに合格して芸人になる。

 

当初は関西圏でラジオ番組やライブの司会進行を担当していたが、

1992年に東京進出。

 

1994年に「ダウンタウンのごっつええ感じ」のレギュラーに抜擢されて

ブレイク。

 

1995年から「笑っていいとも」の曜日レギュラーを務める(2002年まで)

 

1996年のドラマ「明日はだいじょうぶ」で俳優デビューし、

他にも「明日があるさ」や「花より男子2」などのドラマにも出演している。

 

「ワイドナショー」や「行列のできる法律相談所」などのバラエティー番組で

司会やMCを務めている。

 

私生活では1991年に24歳でファンの女性と結婚し2人の娘をもうけたが、

2001年に離婚。

 

しかし2004年から元妻と再び同居するようになり、2011年に再婚した。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:兵庫県 宝塚高校 偏差値50(普通)

 

東野幸治さんの出身校は、県立の共学校の宝塚高校です。

 

中学時代からバスケットボールをやっており、同校でもバスケ部に

入部しています。

 

しかし父親が働かずに、借金をしながら家族を養っていたことから、

学生時代は非常に経済的に困窮していました。

 

そのため高校3年生の時に商品目当てで吉本のオーディションに参加すると

合格してしまい、芸人になるきっかけを掴んでいます。

 

【主な卒業生】

生瀬勝久(俳優)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

東野幸治さんは高校卒業後は、大学などに進学していません。

 

実は大学に進学した友人に触発されて芸人を休業して

しばらく受験勉強もしましたが、大学受験に失敗。

 

そのため再びお笑いの世界に戻ってきています。

 

本人曰く当初は向上心のないまま月78万円の月給で過ごしていましたが、

娘の入院を契機に真剣に働くことを決意します。

 

その後はダウンタウンやウッチャンナンチャンなどの

「お笑い第三世代」のブームに乗ってブレイク。

 

現在でもテレビで見ない日はないほど、多くの番組に出演しています。

 

今後の活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ