小林麻耶の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

小林麻耶(こばやし まや)

 

0

 

1979712日生

身長157

血液型はA型

 

新潟県出身のフリーアナウンサー、タレント

以下では小林麻耶さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

2001年にバラエティー番組「恋のから騒ぎ」に出演。 

20034月にアナウンサーとしてTBSに入局。 

2004年に「チューボーですよ!」の四代目アシスタントを務める。 

同年12月から「日本レコード大賞」の進行役を5年連続で担当。 

20093月にTBSを退社してフリーアナウンサーとなる。 

TBS時代には「タイガー&ドラゴン」や「夜王」などのドラマに出演したこともある。 

フリー転身後は「総力報道!THE NEWS」などのMCを務める。

2017年6月に妹の小林麻央が逝去。

2018年7月に4歳年下の男性と結婚したことを発表。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:青山学院大学 文学部英文学科 偏差値68(難関)

 

 

小林麻耶さんは高校卒業後は、青山学院大学に進学します。

 

在籍した文学部英文学科は同大の看板学部で、私大の英文系の学部の中では最難関のひとつです。

 

大学時代はテニスサークルに所属しています。

 

 

また小林さんは大学時代もかなりモテており、知らない人からもたびたび告白されたことをインタビューで語っています。

 

加えて大学3年生の時に慶応大学の文化祭に行った際にスカウトされて芸能事務所に所属して、タレントとしても活動を開始しています。

 

 

そして大学4年生の時にはバラエティー番組「恋のから騒ぎ」にも出演しています。

 

 

ちなみに小林さんがこの番組内で妹のことを頻繁に話したことがきっかけで、翌年には妹の麻央さんの出演が決まっています。

 

 

麻央さんはこの番組への出演をきっかけにタレント活動をはじめて人気を博しますから、ある意味麻耶さんのお陰でした。

 

そして小林さんは大学入学当初は教師になることを目指していましたが、在学中にアナウンサー志望に転向しています。

 

どうやらマスコミに出演したことで興味が湧いたようですね。

 

そのためアナウンススクールに通ってアナウンサー目指しています。

 

ただし大学の教職課程も受講しており、中学校と高校の英語の教員免許も取得しています。

 

小林さんはすべての在京キー局のアナウンサー試験を受けていますが、テレビ朝日のみは2次面接で不合格となっています。

 

また日本テレビの入社試験を受けた際の面接官は羽鳥慎一アナウンサーで、羽鳥さんは当時の小林さんを高く評価しています。

 

小林さんはTBSの内定が出たことから、結果待ちだった日本テレビやフジテレビとテレビ東京は辞退しています。

 

TBSにアナウンサーとして入社すると、入社1年目でレギュラーを5本も抱えるほどでした。

 

(入社2年目)

 

さらに入社2年目には「日本レコード大賞」の司会も務めています。

 

29歳の時に退社するまでは同局の看板女子アナウンサーとして活躍しており、フリーとなった現在でも多くの番組に起用されています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 国学院高校 偏差値65(難関)

 

 

小林麻耶さんの出身校は、私立の共学校の国学院高校です。

 

この高校は国学院大学の系列校ですが、同大に進学する卒業生は少なく、多くは他の難関大学に進学します。

 

後述しますが小林さんは中学時代は公立校に通学しており、高校受験でこの高校に合格していることから当時からかなりの学力を有していました。

 

また妹の小林麻央さんも同じ高校ですが、3歳年下だったことから同時期に通学してはいません。

 

 

高校在学中はソフトテニス部に所属しており、学生時代は体育の成績がすべて5と運動神経はかなりいいようです。

 

それでいて小林さんは学校の成績もよかったことから、まさに文武両道型の生徒でした。

 

また在学中にアメリカの高校に1年間の留学も経験していますが、留学先で太ってしまい帰国時には別人と思われたエピソードも残っています。

 

3

 

加えて小林さんは高校時代には交際していた彼氏がおり、お台場などでデートをしていたことをバラエティ番組に出演した際に明らかにしています。

 

【主な卒業生】

さだまさし(歌手)

ふかわりょう(お笑い)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 世田谷区立桜丘中学校 偏差値なし

 

 

小林麻耶さんの出身中学校は、世田谷区内の公立校の桜丘中学校です。

 

父親が大手銀行勤務の転勤族だったため、中学生までに6度の転校を経験しています。

 

 

当初入学したのは西宮市立学文中学校です。

 

西宮市には小学校5年生から中学校2年生まで在住しており、その後に東京の世田谷区に転居してこの中学校に編入して卒業しています。

 

中学時代も運動神経のよさを発揮して、陸上部とソフトテニス部で活躍しています。

 

また小林さんが中学生の頃から妹の麻央さんとともに、「美人姉妹」として知られていました。

 

そのため中学校時代は男子に非常にモテた半面、女子には嫌われたエピソードをバラエティ番組「しくじり先生」に出演した際に明らかにしています。

 

この中学校に転校した初日にはいきなり「女子は全員あんたのこと嫌いだから」と言われ、卒業まで目立たないようにすることを決意しています。

 

しかし男子からはモテモテで、6日に1回のペースで告白されていました。

 

当時は男子と付き合うとまた女子を敵に回してしまうと考えたことから告白はすべて断っていましたが、今度は「あの子をなんで振るわけ」と女子に責められてしまったとのこと。

 

 

そのためこのような経験から男子にも女子にも好かれたいという気持ちが芽生えて、高校時代には完全なる「八方美人」になってしまったとのこと。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:兵庫県 西宮市立鳴尾北小学校

 

 

小林麻耶さんの出身小学校は、西宮市内の公立校の鳴尾北小学校です。

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

 

小林さんは出身は新潟県の小千谷市ですが、父親の転勤のため幼稚園時代から埼玉県に在住し小学校5年生まで過ごし、その後は兵庫県西宮市に転居しています。

 

子供の頃は体が弱かったことから水泳を習っています。

 

子供の頃から運動が大好きだったことから、他にもローラースケートやスケートボード、なわとびなどをおこなっています。

 

また小学校時代から勉強もできて、学校の成績は非常によかったとのこと。

 

なお妹の麻央さんとは子供の頃から仲が良く、いつも一緒に遊んでいました。

 

以上が小林麻耶さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

局アナ時代から絶大な人気を誇っており、フリーになった後もバラエティ番組などに引っ張りだこでした。

 

また2017年に最愛の妹の麻央さんを亡くした際には、献身的な看護は多くの国民の涙を誘いました。

 

 

結婚を機にいったんは芸能界を引退しましたが、その後に仕事再開を宣言して復帰しています。

 

フリーアナウンサーとしてはトップクラスの人気を誇りますので、今後の活動にも注目です。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ