市川染五郎の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

市川染五郎(いちかわ そめごろう)

 

06

 

197318日生

身長176.5

 

東京都出身の歌舞伎俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

父親は九代目松本幸四郎、姉は女優の松本紀保、妹は松たか子。

 

1978年に子役として大河ドラマ「黄金の日々」に出演。

 

1979年に三代目松本金太郎を襲名し初舞台。

 

1980年に「遥かなる走路」で映画初出演。

 

1981年に七代目市川染五郎を襲名。

 

1990年頃からテレビドラマへの出演が多くなり、「ロケットボーイ」や

「プライド」、「鬼平犯科帳スペシャル」などに出演している。

 

映画でも「ラヂオの時間」や「阿修羅城の瞳」、「蝉しぐれ」などに出演。

 

他にも「アマデウス」や劇団☆新感線の舞台などにも出演している。

 

2018年に十代目松本幸四郎を襲名する。

 

私生活では2003年に高校時代の友人と結婚して、一男一女がいる。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 暁星高校 偏差値69(推定・難関)

 

市川染五郎さんの出身校は、私立の男子校の暁星(ぎょうせい)高校です。

 

同校は帰国子女枠以外に高校での募集のない完全中高一貫校なので、

偏差値は推定となります。

 

また歌舞伎役者には同校の出身者が多く、父親の松本幸四郎さんや

叔父の中村吉右衛門さん、市川猿之助さんらも同校のOBです。

 

染五郎さんは暁星小学校からずっと系列校に通い、暁星中学校を経て

同校に内部進学しています。

 

小学生の時から野球が得意で夢はプロ野球選手になることでしたが、

稽古との両立が困難だったことから中学生の時に野球は断念しています。

 

同校在学中には歌舞伎の舞台はもちろんのこと、テレビドラマにも出演していました。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:国学院大学 文学部(中退) 偏差値55(中の上)

 

市川染五郎さんは高校卒業後は、国学院大学に進学しています。

 

大学では日本語文学を専攻していましたが、時期は不明ですが

中退してしまっています。

 

その後の活躍は周知の通りで、豊かな演技力で古典から新作歌舞伎まで

器用にこなし、またテレビドラマや映画、舞台などでも多彩に活動しています。

 

2018年に十代目松本幸四郎を襲名することが発表されるなど、

今後の活動にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ