田中美佐子の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

田中美佐子(たなか みさこ)

 

08

 

19591111日生

身長163

 

島根県出身の女優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

隠岐の島出身で4人きょうだいの末っ子。

 

19歳で劇団ひまわりに入団し、1980年にドラマ「獅子の時代」で

女優デビュー。

 

同年の「男はつらいよ 寅次郎かもめ歌」で映画初出演。

 

1982年の映画「ダイヤモンドは傷つかない」で映画初主演を果たし、

日本アカデミー賞新人賞を受賞。

 

09

 

同年に歌手デビューもするが、ヌードが嫌で芸能活動を一時休止。

 

芸能活動再開後は多くのドラマや映画に出演し、人気女優となる。

 

「眠れない夜を数えて」や「セカンド・チャンス」、「Age35 恋しくて」

などの連続ドラマに主演した。

 

10

 

1992年の「恋をしては悲しくて」で舞台初出演。

 

私生活では付き人だった深沢邦之と1995年に結婚し、

2002年に女児を出産している。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:島根県 松徳女学院高校 偏差値43(容易)

※現在は松徳学院高校

 

田中美佐子さんの出身校は、私立の女子校(当時)の松徳女学院高校です。

 

隠岐の島出身の田中さんですが、中学2年生の時に父親の転勤で

松江市に移り住み、高校も市内の同校に進学しています。

 

松江市に移った当初はその都会ぶりにカルチャーショックを受けたそうです。

 

高校では中学に引き続いてテニス部に所属していました。

 

またかつて発売されたエッセイ集では、高校3年生の時に年下の男子と

交際していたことを明らかにしています。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:東洋女子短期大学 英語英文科 偏差値48(当時)

※現在は閉校

 

田中美佐子さんは高校卒業は、東洋女子短期大学に進学します。

 

同大は東洋大学とはまったく無関係の短大ですが、2007年に閉校しています。

 

短大入学とともに田中さんは女優を目指し、劇団ひまわり青年部に入所。

 

短大でもダンス部に所属しており、劇団のレッスンなどもあって

まったく学生時代は遊べなかったと語っています。

 

しかし女優デビュー後はその演技力で、多くの映画やドラマに出演。

 

全盛期だった1990年代には立て続けに連続ドラマの主演に起用されるなど、

絶大な人気を誇りました。

 

出産により一時活動を休止していましたが、その後は本格的に復帰して

現在に至ります。

 

現在でもSPドラマなどで主演するほど根強い人気もありますので、

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ