仁科克基の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

仁科克基(にしな まさき)

 

001

 

198292日生

身長175

 

京都府出身の俳優、タレント

本名は仁科正樹

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

父親は俳優の松方弘樹、母親は女優の仁科亜季子、妹はタレントの仁科仁美。

 

1989年ごろから子役としてドラマに出演し、松方弘樹が主演を務めていた

「名奉行遠山の金さん」にも出演していた。

 

1998年頃から「仁科克基」の芸名で本格的に俳優として活動しはじめ、

「パーフェクトラブ!」や「ほんまもん」、「花村大介」といった

ドラマに出演。

 

映画では「忍」や「はつ恋」、「ヒカリサス海、ボクノ船」などに

出演している。

 

2011年に女優の多岐川華子と結婚したが、201210月に離婚した。

 

003

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:堀越高校 トレイトコース(中退) 偏差値37(かなり容易)

 

仁科克基さんが入学したのは、多くの芸能人の母校として知られる堀越高校です。

 

中学校までは兵庫の芦屋大学附属中学校(現在の芦屋学園中学校)に

通学しており、高校は堀越高校に進学しています。

 

このあたりの経緯は不明ですが、当時の芦屋大付属高校の普通科は女子のみの

在籍ですが、国際文化科は男女共学化されていたので、場合によっては

同校に進学した後に堀越高校に転校した可能性もあります。

 

また最終的には堀越高校も中退していますが、このあたりの時期や経緯なども

不明です。

 

002

(中学時代)

 

ただし仁科さんは高校時代には既に、かなりの豪遊をしていたことを

バラエティー番組などで明らかにしています。

 

その後は俳優としてドラマや映画に本格的に出演するようになり、

人気の連続ドラマ「花村大介」では、主演のユースケ・サンタマリアさんの

弟という重要な役どころできようされました。

 

しかしこのところは俳優として作品への出演は減っており、

どちらかと言えばタレント活動が中心のようです。

 

父親の松方弘樹さんが「名優」と呼ばれるほどの俳優だったので

残念な気もしますが、まだ30代の年齢なので新境地にも

期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ