八千草薫の学歴|出身高校中学校や小学校の偏差値と学生時代

 

八千草薫(やちぐさ かおる)

 

 

193116日生

身長154

 

大阪府大阪市出身の女優

本名は松田瞳(旧姓)

 

以下では八千草薫さんの学歴や出身中学校、高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

学歴~出身高校・中学校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 聖泉高等女学校(中退) レベル不明

※現在はプール女学院高校(偏差値56 or 62

 

 

八千草薫さんが入学したのは、私立の女子校の聖泉高等女学校です。

 

当時は旧制の学校制度だったことから、小学校卒業後に5年生のこの高等女学校に入学しています。

 

なお現在はこの女学校はプール女学院中学校・高校になっており、お嬢様学校として知られています。

 

また高校では特進コース(偏差値56)とS文理コース(同62)の2つのコースが設置されています。

 

八千草さんは高等女学校4年生の頃に宝塚音楽学校に合格したため、高校は中退しています。

 

思春期が戦時中にあたっており「夢のある世界に憧れていた」こともあって、宝塚音楽学校には新聞広告を見たことがきっかけで応募しています。

 

現在は厳しい上下関係で知られる宝塚音楽学校ですが、八千草さんが在籍した当時は現在ほど上下関係は厳しくなかったとインタビューで答えています。

 

ただしレッスンは非常に厳しかったことから、駅の階段を上る際には足が上がらずに、いつも手すりにつかまって階段を上ったと話しています。

 

そして16歳で宝塚歌劇団に入団していますが、入団直後の東京公演の際に銀座に行った時に「お寿司が食べたいわぁ~」との発言が、当時は食糧難の時代だったことから大いにひんしゅくを買っています。

 

21歳の時に出演した「源氏物語」で絶大な人気を博しています。

 

 

当時の宝塚歌劇団はトップスターなどの制度はありませんでしたが、八千草さんは在籍中から「お嫁さんにしたい有名人ランキング」でたびたび首位に輝くほどの人気ぶりでした。

 

また宝塚時代の1954年に初期の代表作となった映画「宮本武蔵」に出演しています。

 

 

26歳で宝塚歌劇団を退団しますが、退団後も「岸辺のアルバム」や「茜さんのお弁当」などのテレビドラマに出演して人気女優となっています。

 

(岸辺のアルバム)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:大阪市立聖和尋常小学校

※現在は大阪市立聖和小学校

 

 

八千草薫さんの出身小学校は、大阪市立聖和尋常小学校です。

 

2歳の時に父親を結核で亡くしており、以降は母子家庭に育っています(ひとりっ子)

 

子供の頃は内向的で、人見知りの激しい少女でした。

 

母親は女手ひとつで八千草さんを育てていたこともあり、小学校2年生の時には一時的に神戸に在住していた祖父母の元に預けられたこともありました。

 

以上が八千草薫さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

宝塚時代から高い人気を誇り、女優転向後も数多くのテレビドラマや映画に出演して長きにわたり第一線で活躍してきました。

 

もはや「大女優」の風格もある八千草さんですが、2017年にガンが見つかって休養。

 

その後に復帰していましたが、2019年に再び肝臓ガンが見つかったことから、再び休養して治療に専念しています。

 

その際も治療を後回しにしてテレビドラマの撮影を優先した意向を示すなど、かなりの女優魂を感じさせるエピソードもありました。

 

未だに高い人気を誇る人物だけに、無事に再び復帰できることをお祈りいたします。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ