堀内敬子の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

堀内敬子(ほりうち けいこ)

 

04

 

1971527日生

身長158

 

東京都出身の女優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの末っ子で、兄と姉がいる。

 

1990年に劇団四季に入団し、翌年の「ミュージカル李香蘭」でデビュー。

 

以降は劇団の看板女優となり、「キャッツ」や「美女と野獣」、

「エビータ」などのヒロインを務める。

 

05

 

1999年に劇団四季を退団し、2000年の「レ・ミゼラブル」で退団後初舞台。

 

2002年の「おとうさん」でドラマ初出演。

 

2005年の三谷幸喜の舞台「12人の優しい日本人」で注目され、

以降は数多くの作品に出演。

 

テレビドラマの代表作は「CHANGE」や「ショムニ」、

「ようこそわが家へ」など。

 

映画では「THE有頂天ホテル」や「サラリーマンNEO劇場版」、

「ひみつのアッコちゃん」など。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 関東国際高校 演劇科 偏差値50(普通)

※演劇科は現在は募集停止

 

堀内敬子さんの出身校は、私立の共学校の関東国際高校です。

 

堀内さんは運動神経がよく、中学校の頃にはバスケットボール部で

主力選手として活動し、全国大会ベスト8の記録も残しています。

 

しかし身長が低かったことからバスケットを断念し、女優になることを

目指して同校の演劇科に進学しています。

 

同校の演劇科は歴史が古く、多くの宝塚女優やミュージカル女優などを

輩出していることで知られています(2015年で募集停止)。

 

また当時の同校の演劇科は劇団四季と提携しており、講師の派遣や

卒業後の受け皿になっていました。

 

堀内さんは高校時代は非常に熱心に演劇を学んで、3年間で一度も

遅刻・欠席はなかったとのこと。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

堀内敬子さんは高校卒業後は大学などに進学せず、劇団四季に入団しています。

 

劇団では野村玲子さんとともに長らく看板女優を務め、数多くの作品に

出演しました。

 

しかし退団後は決して順調な道のりではなく、出演作品に恵まれずに

苦労をした時期もありました。

 

ところが三谷幸喜さんに見いだされ三谷作品に起用されると、

その演技力の高さに注目されて、多くの作品に出演することになります。

 

現在でもドラマに映画、舞台など様々な作品で活躍していますから、

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ