小関裕太の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

小関裕太(こせき ゆうた)

 

01

 

199568日生

身長180

 

東京都出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2003年から子役として活動を開始。

 

2004年のドラマ「ホステス探偵危機一髪6」で俳優デビュー。

 

2005年の「ニライカナイ錬金王伝説」で舞台初出演。

 

2006年に「天才てれびくんMAX」のてれび戦士に起用され人気を博す。

 

02

 

同年の「親指さがし」で映画初出演し、「ダンドリ」で連続ドラマ初出演。

 

2014年の「空と海のあいだ」で映画初主演。

 

以降も「あしたになれば。」や「Drawing Days」、「ドロメ」などの

映画に主演している。

 

また「ごめんね青春!」や「ホテルコンシェルジュ」、

「恋がヘタでも生きてます」などの連続ドラマにも出演。

 

テレビや映画のほか、コンスタントに舞台にも出演している。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:堀越高校 トレイトコース 偏差値37(かなり容易)

 

小関裕太さんの出身校は、多くの芸能人の母校で知られる堀越高校です。

 

8歳の頃に子役デビューし、中学時代には俳優として舞台を中心に

活動していたことから、より幅広く芸能活動をするために

同校の芸能コースに進学しました。

 

堀越の同級生には元Hey!Say!JUNPの森本龍太郎やジャニーズjr.

田中樹さんらがいました。

 

小関さんの高校時代の情報はほとんどなく高校生活の詳細は不明ですが、

この時期にも多くの舞台出演をしているので、仕事中心の生活だったようです。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

小関裕太さんは高校卒業後は大学などに進学せず、芸能活動に専念します。

 

しかし高校を卒業した年からテレビドラマや映画への出演が増えて、

徐々に人気や知名度が上がっていきました。

 

以降は主演作の映画が公開されるなど、期待の若手俳優のひとりに

数えられるほどになりました。

 

また話題作の連続ドラマに立て続けに起用されるなど、

テレビでの露出も急増しています。

 

今後はさらに演技力を磨けば、俳優として大ブレイクを果たす

可能性も秘めており、これからが楽しみな俳優のひとりです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ