中川家(中川剛、礼二)の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

中川家(なかがわけ)

 

001

 

大阪府出身のお笑いコンビ

 

経歴

 

1992年に吉本総合芸能学院(NSC)に第11期生として入所し、

同期には陣内智則やケンドーコバヤシ、たむらけんじらがいる。

 

1996年にABCお笑い新人グランプリで最優秀新人賞を獲得し、

関西圏のローカル番組への出演が増える。

 

2000年の「明石家マンション物語」で準レギュラーとなって、

全国的に人気も上昇。

 

2001年の第1回M-1グランプリで優勝してブレイク。

 

以降は「あらびき団」や「さんまのお笑い向上委員会」などの

多くのバラエティー番組に出演。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

中川剛

 

003

 

1970124日生

身長157.8

 

大阪府立守口東高校 偏差値42(容易)

 

中川礼二

 

002

 

1972119日生

身長171

 

私立向陽台高校 偏差値43(容易)

※近畿高等専修学校も卒業(高校と提携していたため)

 

中川家のふたりは高校卒業後は大学に進学せずに、

就職しています。

 

特に礼二さんはリコーで営業マンをやっており、

営業トップ賞を受賞するほど仕事ができました。

 

しかし剛さん22歳、礼二さん21歳の時にともにNSCへ入所して、

お笑い芸人の道に進みました。

 

その後は紆余曲折もありながら、結成10年目で

M-1グランプリに優勝して大ブレイク。

 

現在でも実力派のコンビとして知られており、

今後の活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ