斉藤由貴の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

斉藤由貴(さいとう ゆき)

 

1

 

1966910日生

身長161

 

神奈川県出身の女優、歌手

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

4人きょうだいの3番目で姉、兄、弟がいる。

 

1984年に母親が応募した東宝シンデレラオーディションで、

最終選考に残ったことがきっかけで芸能界入り。

 

同年に弟が応募したミスマガジンでグランプリを獲得。

 

2

 

1985年のデビューシングル「卒業」が大ヒットしてブレイク。

 

歌手としてはその他にも「悲しみよこんにちは」や「青空のかけら」、

「夢の中へ」などのヒット曲がある。

 

1985年の「野球狂の詩」でドラマ初出演で主演し、「スケバン刑事」で

連続ドラマ初主演。

 

同年の「雪の断章」で映画初主演。

 

1986年にNHKの朝ドラ「はね駒」のヒロインに起用され、

年末の紅白歌合戦にも初出場。

 

03

 

1990年以降は主に女優として活動し、代表作は「ハイスクール落書き」や

「同窓会」、「吾輩は主婦である」など。

 

私生活では1994年に一般人男性と結婚し、3人の子どもがいる。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 清水ヶ丘高校 偏差値50(普通)

※現在は横浜清陵総合高校

 

斉藤由貴さんの出身校は、県立の共学校の清水ヶ丘高校です。

 

同校は2004年に大岡高校と統合し、現在は横浜清陵総合高校に

なっています。

 

斉藤さんは横浜市立永田中学校から同校に進学しています。

 

中学校では放送部に所属し、高校時代も漫画研究会の部長を務めるなど

インドア派でした。

 

学生時代は大人しい生徒で、高校でもあまり目立つ生徒でなかったと

いいますから意外です。

 

04

(高校時代)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

斉藤由貴さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念します。

 

高校3年生の時に芸能界入りしてミスマガジンのグランプリに輝き、

翌年に歌手や女優としてデビューすることも決まっていたので、

大学に進学する予定を変更して芸能活動一本に絞りました。

 

とは言え、高校を卒業して芸能活動を本格化させると、歌手としても

ヒット曲を連発し、女優としても連続ドラマの主演を務めるなど大ブレイクを

果たします。

 

全盛期はアイドル的な人気を博して、数え切れないほどのドラマや映画に

主演していました。

 

またその後も女優として着実にキャリアを重ねて、多くの作品に出演していますし、

根強い人気も誇ります。

 

安定した演技力で定評がありますから、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ