杉本哲太の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

杉本哲太(すぎもと てった)

 

20

 

1965721日生

身長180

 

神奈川県出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟の弟。

 

1981年に横浜銀蝿の弟分のバンド紅麗威甦(グリース)の

ボーカルとしてデビュー。

 

21

 

グループは1stシングル「ぶりっこROCKNROLL」がオリコン6位の

ヒットになるも、1984年に脱退して解散。

 

1981年のドラマ「茜さんのお弁当」で俳優デビュー。

 

1983年の「白蛇抄」で映画初出演し、日本アカデミー賞新人賞を受賞。

 

以降は数多くのドラマや映画に出演し、ドラマでの代表作は「翔ぶが如く」や「

信長」、「あまちゃん」、「HERO」など。

 

映画では「ひかりごけ」や「日本の自転車泥棒」、「任侠ヘルパー」など。

 

私生活では1992年に女優の神津はづきと結婚して、3人の子供がいる。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 藤沢工業高校(中退) 偏差値40(容易)

※現在は藤沢工科高校

 

杉本哲太さんの出身校は、県立の共学校の藤沢工業高校です。

 

杉本さんは中学生の頃から、地元藤沢では有名な不良で知られていました。

 

中学生の頃には地元の暴走族「藤沢道化師」のメンバーで、時には

7、8人を相手にケンカをしたという武勇伝もあります。

 

当時は藤沢一のワルとも呼ばれており、腕っぷしの強い本物の不良でした。

 

22

(学生時代)

 

高校に進学しても真面目に学業には取り組まず、毎日のようにナンパや

夜遊びを繰り返したあげく、高校1年生の1学期で中退しています。

 

しかし同じく不良だった兄の説得で悪さをやめると、高校を中退した年に

紅麗威甦のメンバーに抜擢され、デビュー曲がヒットしたこともあって

すぐに人気バンドになりました。

 

同時に俳優業を開始してキャリアを積みはじめ、1984年には俳優に専念するために

グループを脱退し、はじめて出演した映画ではアカデミー賞新人賞を受賞します。

 

現在ではほとんど毎クールで連続ドラマの出演作品がありますし、

数え切れないほど多くの映画にも出演しています。

 

また現代劇から時代劇まで様々な役柄を演じ分けることができ、

俳優としての評価も非常に高く、根強い人気も誇っています。

 

安定した演技力で今後も多くの作品に出演していくはずですから、

その動向にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ