祐真キキの学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

祐真キキ(すけざね きき)

 

2

 

198945日生

身長153

 

京都府出身の女優

本名は祐真希依(きえ)

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの真ん中で兄と妹がいる。

 

叔父はファッションエディターの祐真朋樹。

 

20代前半からロサンゼルスに移住し、女優として活動。

 

2015年にアメリカの人気ドラマ「HEROES リボーン」の

ミコ・オオトモ役に抜擢される。

 

 

3 

 

2016年に「引退屋リリー」で舞台初出演にして主演デビュー。

 

2017年の「コードネームミラージュ」で日本の連続ドラマに初出演。

 

タレントとしても「ヒルナンデス!」や「PON!」、「さんま御殿」などの

情報番組やバラエティー番組に出演している。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:京都府 紫野高校 偏差値63(やや難関)

 

祐真キキさんの出身校は、市立の共学校の紫野(むらさきの)高校です。

 

同校は制服がないなどの自由な校風で知られる進学校です。

 

祐真さんは中学生の頃からアメリカの映画やドラマに憧れて、

アメリカの高校に進学することも希望していました。

 

結局は地元京都にある同校に進学しましたが、在学中にサウスダコタの高校に

1年間語学留学を経験して、英会話もマスターしています。

 

当時から既に将来は女優になりたいと思っていたそうです。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

祐真キキさんは高校卒業後は大学などに進学せずに、女優を目指して活動します。

 

当初はアルバイトをしながらエキストラの仕事などをしていましたが、

20歳の時に本気で海外ドラマに出演するような女優を目指すことになります。

 

そして21歳の時に「ラストサムライ」などのキャスティングで知られる

奈良橋陽子さんが主宰するアップスアカデミーに入所。

 

その後はアメリカに渡って女優活動と難民ボランティア活動をしていたところ、

26歳で人気ドラマの「HEROES」の主要キャストに大抜擢されます。

 

まさに自らの力で夢だった海外ドラマへの出演を実現させており、

日本人には大きな障壁となっている英語力の問題もクリアしていますし、

アクションにも定評があります。

 

日本の若手女優としては異例のキャリアを誇っており、今後は国内国外問わず

活動していくでしょうから注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ