山崎樹範の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

山崎樹範(やまざき しげのり)

 

7

 

1974226日生

身長165

 

東京都出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの末っ子で、姉が2人いる。

 

1995年に八嶋智人らの劇団「カムカムミニキーナ」に参加。

 

劇団主宰の舞台俳優として活動するとともに、1997年の「白線流し」の

SPドラマでテレビドラマ初出演。

 

2003年の「ドウニチラブ」でドラマ初主演し、「恋愛寫眞」で映画初出演。

 

以降は数多くのドラマや映画に出演し、ドラマでの代表作は「天体観測」や

Dr.コトー診療所」、「ラスト・フレンズ」など。

 

映画では「感染」や「容疑者室井慎次」、「20世紀少年第2章」など。

 

タレントとしても「タモリ倶楽部」などのバラエティー番組に出演している。

 

私生活では2016年に女優の吉井怜と結婚した。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 青井高校 偏差値40(容易)

 

山崎樹範さんの出身校は、都立の共学校の青井高校です。

 

足立区立第九中学校から同校に進学しています。

 

山崎さんの高校時代の情報は少なく詳細は不明ですが、小学生の時に

父親が経営していた会社が倒産して、学生時代は経済的にも厳しかったようです。

 

また本人曰く、高校時代は特に目標のない生活を送っていたと語っています。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:獨協大学 法学部 偏差値48(やや容易)

 

山崎樹範さんは高校卒業後は、1年間の浪人生活を経て獨協大学に進学しました。

 

大学在学中に役者を志して入学式の翌日に演劇研究会に入り、21歳の時に

劇団入りを果たしましたから、この学生生活は貴重な時間だったようです。

 

しかし演劇にのめり込んで2度の留年も経験しました。

 

前述のように実家の経済事情が厳しかったので学費は借金をして

自分で支払っていましたが、完済したのは卒業から数年後でした。

 

とは言え、その後は様々なドラマや映画に起用され、数え切れないほどの

出演本数を誇る俳優になりました。

 

主演は少ないものの、安定感ある演技力と多くの役柄を演じ分けることが

できるため、様々な作品に顔を出しています。

 

貴重なバイプレーヤーですから、息の長い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ