木下ほうかの学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

木下ほうか(きのした ほうか)

 

2

 

1964124日生

身長174

 

大阪府出身の俳優

本名は木下鳳華(ほうか)

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

16歳だった1980年にオーディションに合格して、映画「ガキ帝国」で

俳優デビュー。

 

1985年に吉本新喜劇に入団するも、3年間で退団。

 

Vシネマに多数出演する傍ら、1990年の「DRAMADAS」でドラマ初出演。

 

以降は数多くのドラマや映画に脇役として出演し、ドラマの代表作は

「京都殺人案内」や「昼顔」、「ドクターカー」など。

 

映画の代表作は「岸和田少年愚連隊」や「寝ずの番」、「次郎長三国志」など。

 

2014年ごろからバラエティー番組への出演が増えて、「スカッとジャパン」や

「有吉反省会」などにも出演している。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 野崎高校 偏差値37(かなり容易)

 

木下ほうかさんの出身校は、府立の共学校の野崎高校です。

 

木下さんの父親は一級建築士で、実家はプール付きの豪邸など

かなり裕福な家庭で育っています。

 

高校時代は剃り込みを入れたヤンキーファッションをまとっていましたが、

本人によると不良などではなく、当時の流行のファッションを追っていただけ

とのこと。

 

また当時はバンドを組んでおり、ギターやベース、キーボードを購入したものの、

どれもものにならなかったので最終的にはボーカルを担当しました。

 

木下さんは高校1年生の時にオーディションに合格して映画に出演していますが、

当時は俳優ではなくアイドルになりたかったそうです。

 

3

 

学歴~出身大学

 

出身大学:大阪芸術大学 芸術学部 偏差値42(容易)

 

木下ほうかさんは高校卒業後は、大阪芸術大学に進学します。

 

大学では舞台芸術を専攻しており、俳優の古田新太さんは後輩にあたり、

学生時代は同じラーメン店でアルバイトをする仲でした。

 

大学卒業後は吉本新喜劇に入団しますが、そこでは芽が出ずに、

当時は新喜劇も人気が低迷していたこともありわずか3年で退団して

上京します。

 

上京後は人脈作りに励んで関係者の信用を掴み、様々なドラマや映画に

出演するほどの中堅俳優となりました。

 

主演作こそないものの、確かな演技力で現在までに数え切れないほどの

作品に出演しています。

 

どのような役でも演じ分けることができる貴重なバイプレーヤーですから、

末永い活躍も期待したいです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ