中村蒼の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

中村蒼(なかむら あおい)

 

中村

 

199134日生

身長174

 

福岡県出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

14歳だった2005年に史上最年少で「ジュノン・スーパーボーイ・

コンテスト」でグランプリを獲得して芸能界入り。

 

中村1

 

2006年の舞台「田園に死す」で主演デビュー。

 

2007年の「しにがみのバラッド」でドラマ初出演し、

「恋空」で映画初出演。

 

2008年の「ひゃくはち」で映画初主演。

 

2009年の「Q.E.D.証明終了」でドラマ初主演。

 

以降も「マルモのおきて」や「八重の桜」などの人気の

連続ドラマの出演を経て、2014年の「なぞの転校生」で

連続ドラマ初主演。

 

映画でも「サビ男サビ女」や「キミとボク」、「東京難民」などで

主演している。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福岡県 太宰府高校(転出) 偏差値47

※日出高校芸能コースに転校して卒業

 

中村蒼さんが入学したのは、県立の共学校の太宰府高校です。

 

同校は普通科のほか、芸術科を設置している公立校として知られています。

 

中村さんは中学3年生で若手俳優の登竜門の「ジュノン・スーパーボーイ・

コンテスト」で優勝。

 

高校1年生の時に早くも舞台に主演しており、当時は地元の福岡から

東京に通いながら稽古を積んできました。

 

しかしより幅広く芸能活動をするために、高校2年生に上がるタイミングで

日出高校の芸能コースに転校しています。

 

日出高校の同級生には本郷奏多さんや川原一馬さん、斎藤嘉樹さんらがいました。

 

同校在学中に多くのドラマや映画に出演していることから、

仕事中心の高校生活だったようです。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:亜細亜大学 経済学部 偏差値43(容易)

 

中村蒼さんは高校卒業後は、亜細亜大学に進学しています。

 

大学時代の情報はほとんどありませんが、高校時代に引き続き

かなりの作品に出演しているので、仕事中心だったようです。

 

その後は順調にキャリアを重ね、人気俳優の仲間入りを果たし、

主演作のドラマや映画も続々と製作されています。

 

今後もさらに演技を磨けば、俳優として大成する可能性も

秘めていますので注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ