磯野貴理子の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

磯野貴理子(いその きりこ)

 

磯野

 

196421日生

身長155

 

三重県出身のタレント、女優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

4人きょうだいの2番目で姉、妹、弟がいる。

 

1987年に3人組お笑いグループ「チャイルズ」の一員となる。

 

磯野2

 

また1987年から1989年までは「笑っていいとも!」の

いいとも青年隊のメンバーとしても活動。

 

1988年からは女優としても活動し、「走らんか!」や「ヴァンサンカン・結婚」、

「ママの遺伝子」などの連続ドラマに出演している。

 

19993年の「太閤記」で舞台初出演。

 

1994年から森尾由美、松居直美と出演した「おそく起きた朝は…」で知名度が上がる。

 

以降は「伊東家の食卓」や「愛のエプロン」、「行列のできる法律相談所」など

多くのバラエティー番組にレギュラーまたは準レギュラーとして出演。

 

私生活では2003年に7歳年下のマネージャーと結婚したが、2009年に離婚。

 

2012年に24歳年下の一般人男性と再婚した。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:三重県 南勢高校 偏差値37(かなり容易)

※現在は南伊勢高校南勢校舎

 

磯野貴理子さんの出身校は、県立の共学校の南勢(なんせい)高校です。

 

磯野さんの高校時代の情報はほとんどなく詳細は不明ですが、

高校ではマドンナ的な存在で、男子からかなりモテたようです。

 

磯野1

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

磯野貴理子さんは高校卒業は大学などに進学せずに、就職します。

 

中央相互銀行(現愛知銀行)に入行しOLとして勤務する傍ら、

劇団「七曜日」に入団して女優を目指しています。

 

23歳の時にチャイルズの一員としてデビューして、その後

「笑っていいとも!」のいいとも青年隊にも起用されますが、

当時は24歳だったにも関わらず、19歳と年齢詐称していました。

 

しかしその後の活躍は目覚ましく、女優としても連続ドラマに

出演するほどになりましたし、タレントとしてもかなり多くの

バラエティー番組のレギュラーや準レギュラーを務めてきました。

 

現在はタレント活動がメインとなっていますが、出演番組の本数も安定しており、

浮き沈みのないのが特徴です。

 

既に50代に突入していますが、末永い活躍を期待します。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ