渡辺謙の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

渡辺謙(わたなべ けん)

 

渡辺

 

19591021日生

身長184

 

新潟県出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟の弟で両親はいずれも教師。

 

1979年に演劇集団「円」の研究所に入所。

 

1982年に劇団員に昇格し、同年の「未知なる反乱」でドラマ初出演。

 

1984年の「瀬戸内少年野球団」で映画初主演。

 

1986年の朝ドラ「はね駒」の出演を経て、翌年に出演した大河ドラマ

「独眼竜政宗」で大ブレイクを果たす。

 

渡辺1

 

1989年に急性骨髄性白血病を発症して1年間の休養。

 

1994年に再発するも、翌年に復帰。

 

2003年に出演したハリウッド映画「ラストサムライ」でアカデミー賞の

助演男優賞にノミネートされるなど世界的に高い評価を得る。

 

渡辺2

 

以降も「バッドマンビギンズ」や「硫黄島からの手紙」、「GODZILLA

などのハリウッド映画に出演。

 

テレビドラマの代表作は、「仕掛人・梅安」や「御家人斬九郎」、

「砂の器」など。

 

映画の代表作は「陽はまた昇る」や「明日の記憶」、「沈まぬ太陽」など。

 

私生活では1983年に結婚したが、2005年に離婚。

 

同年12月に女優の南果歩と再婚。

 

前妻の間の長男が俳優の渡辺大、長女が女優の杏。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:新潟県 小出高校 偏差値43(容易)

 

渡辺謙さんの出身校は、県立の共学校の小出(こいで)高校です。

 

同校はスポーツが盛んで、陸上部やスキー部がインターハイの常連として

知られています。

 

小出町立小出中学校(現在は魚沼市立)から同校に進学しています。

 

渡辺さんは意外にも精悍なイメージと異なり、小学生の時からブラスバンドで活躍。

 

同校在学中も吹奏楽部に所属してトランペットを担当していました。

 

ただし両親はともに教師でしたが、中学生の時に父親がくも膜下出血で倒れて、

母親が介護するなど、学生時代の経済状態はあまりよくなかったようです。

 

【主な卒業生】

大桃美代子(女優)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

渡辺謙さんは高校卒業後は、大学などに進学しませんでした。

 

当初は音楽の道を志して、武蔵野音楽大学への進学を希望していましたが、

経済的な理由から断念しています。

 

しかしその後に観た劇団「円」の舞台に感銘して、俳優に方向転換します。

 

デビュー後は期待の若手俳優として話題作のドラマや映画に主要キャスト

として起用され、大河ドラマの「独眼竜政宗」で大ブレイクを果たします。

 

その後はハリウッド映画にも出演して世界的な評価も得ており、

現在の日本を代表する国際的な俳優となっています。

 

現在は50歳を過ぎていますが、まだまだ海外での活躍も視野に入れており、

精力的に活動していますので今後にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ