青木崇高の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

青木崇高(あおき むねたか)

 

青木

 

1980314日生

身長185

 

大阪府出身の俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの末っ子で、姉と兄がいる。

 

2002年の映画「マッスルヒート」で俳優デビュー。

 

2005年の「H2」でドラマ初出演し、2006年の「繋がれた明日」で

ドラマ初主演。

 

2007年に出演したNHKの朝ドラの「ちりとてちん」で知名度が上がる。

 

青木1

 

同年の「歌謡曲だよ、人生は」で映画初主演。

 

以降は「ブザービート」や「龍馬伝」、「ダブルス」などの

連続ドラマにレギュラー出演。

 

映画でも「渇き。」や「るろうに剣心」、「ストレイヤーズ・クロニクル」

などの話題作に出演。

 

20166月にタレントの優香と結婚。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 八尾高校 偏差値66(難関)

 

青木崇高さんの出身校は、府立の共学校の八尾(やお)高校です。

 

同校は1895年設立の伝統校で、府立の進学校として政財界の著名人を

多く輩出しています。

 

同校は中高一貫校ではない府立高なので一般入試のみの入学となりますので、

青木さんもかなりの学力を有していたことがわかります。

 

高校時代は柔道部に所属して汗を流す一方で、映画にも熱中しています。

 

当時の目標は俳優ではなく、グラフィックデザイナーでした。

 

【主な卒業生】

塩川正十郎(政治家)

大月みやこ(演歌歌手)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:グラフィックデザインの専門学校(校名不明)

 

青木崇高さんは高校卒業後は、上京してグラフィックデザインの

専門学校に入学しています。

 

在学中は映画好きが高じて、レンタルビデオ店でアルバイトをしていました。

 

卒業後は友人の勧めでモデルを目指そうとしますが、事務所の面接中に

俳優志望に変更します。

 

デビュー後は順調にキャリアを重ねて、朝ドラの「ちりとてちん」の

出演を契機に、人気作の連続ドラマや映画に起用されることになります。

 

主演作こそ少ないものの、主要キャストに名前を連ねることが多く、

安定感のある演技で脇を固めています。

 

年を重ねるごとに演技の評価も高まっていますので、今後の飛躍も

期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ