芋洗坂係長の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

 

芋洗坂係長(いもあらいざかかかりちょう)

 

 

19671218日生

身長166

 

福岡県北九州市出身のお笑いタレント、俳優、ダンサー

本名は小浦優一(こうら ゆういち)

 

以下では芋洗坂係長の学歴と経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードのなどをご紹介します




 

経歴

 

スポンサードリンク



 

当初はダンサーとして活動しており、「ザ・ベストテン」などの歌番組で田原俊彦や中森明菜のバックダンサーを務めたこともある。

 

(若い頃)

 

1988年に田口浩正とお笑いコンビ「テンション」を結成。

 

(写真左が本人)

 

コンビは「怒涛のくるくるシアター」や「クイズ!当たって25%」などのテレビ番組にレギュラー出演して人気を博す。

 

1993年にテンションは活動休止となって、以降は本名で俳優に転身して舞台などに出演。

 

その後にピン芸人「芋洗坂係長」としての活動をはじめて、2008年の「R-1ぐらんぷり」で準優勝して注目される。

 

 

以降は「エンタの神様」や「学校に行こう!」、「銀玉王」などのテレビ番組に出演。

 

 

離婚経験があり、息子がいる(2018年に13歳年下の一般人女性と再婚した)。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福岡県 大里高校 偏差値50台半ば程度

※現在は門司大翔館高校(偏差値44

 

 

芋洗坂係長の出身高校は、県立の共学校の大里高校です。

 

この高校は門司商業高校と統合されて2006年に閉校し、現在は門司大翔館高校になっています。

 

またかつての同校は進学校で偏差値もピーク時は60程度ありましたが、学区の変更や前記の統合などの影響から、現在はかなり偏差値は低下しています。

 

芋洗坂係長の出身中学校は、北九州市立早鞆(はやとも)中学校が有力です。

 

実家は「清美食堂」という食堂を経営しており、門司名物の「ちゃんらー」(うどんの出汁にちゃんぽんを入れたもの)の発祥の店とされています。

 

中学生の時にマイケル・ジャクソンと田原俊彦に影響されてダンスをはじめており、北九州市の歩行者天国などで踊っていました。

 

高校時代にはダンスチームを結成して活動するなど、かなりダンスに熱中した学生時代でした。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

芋洗坂係長は高校卒業後は大学などに進学せずに、ダンサーになっています。

 

現在の体重は100キロを超えているそうですが、当時は60キロそこそこの美少年でした。

 

(若い頃)

 

またタップダンサーとして活動しているHIDEBOHさんは、芋洗坂係長が働いていたショーパブでそのダンスを見て衝撃を受けたと語っています。

 

当時はタップダンスの間にラップでネタを織り交ぜて客を笑わせるスタイルだったそうですが、ダンスの腕前も相当だったようです。

 

20歳の時に現在は俳優の田口浩正さんとお笑いコンビ「テンション」を結成すると、関西圏では人気コンビとなって雨上がり決死隊やFUJIWARAらと同じ番組の持ち回りの司会を務めたほどです。

 

しかし人気絶頂だった25歳の時にコンビは活動休止となりました。

 

本人によれば「仕事はたくさん来ていたけど、仕事に実力がついていかないことを実感していたから」という理由でした。

 

以降は俳優に転身しましたが、下積み生活が長く続きました。

 

その間は奥さんが家計を支えていましたが、パチンコや酒に明け暮れたため、最終的には三下り半を突き付けられています。

 

しかし39歳で出場した「R-1ぐらんぷり」で準優勝して注目され、以降は数多くのテレビ番組に出演しています。

 

苦労人だけに末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ