ココリコ遠藤章造の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

遠藤章造(えんどうしょうぞう)

 

遠藤

 

1971713日生

身長167㎝ 体重59.4kg

 

大阪府出身のお笑いタレント

お笑いコンビ「ココリコ」のツッコミ担当

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

1992年に田中直樹とともに吉本のオーディションを受けて合格し、

お笑いコンビ「ココリコ」を結成。

 

遠藤2

 

デビュー後は比較的短期で人気を集め、多くのバラエティー番組に出演。

 

1997年から「笑っていいとも!」の曜日レギュラーになり、

翌年に初の冠番組となる「ココリコ黄金伝説」が放送開始。

 

2000年の映画「岸和田少年愚連隊」で俳優デビューし、「明日があるさ」や

「翼の折れた天使たち」、「ラストシンデレラ」などの話題作の連続ドラマにも出演。

 

近年では単独での出演も多く、「ヒルナンデス!」や「キャスト」といった

情報番組に曜日レギュラーで出演している。

 

私生活では2002年にタレントの千秋と結婚して女児も生れるが、

200712月に離婚。

 

201512月に一般人女性と再婚して、翌年に長男が誕生している。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:香川県 寒川高校 偏差値40(容易)

 

遠藤章造さんの出身校は、私立の共学校の寒川(さんがわ)高校です。

 

同校は部活動が盛んで、柔道部や硬式野球部が県内では強豪として知られています。

 

遠藤さんは小学生の頃から野球をはじめ、豊中市立第四中学時代には府内の7校の

高校野球の名門校からスカウトされますが、激戦区の大阪を避けて

香川県の同校に野球留学の形で進学しています。

 

しかし高校3年間を通じてスカウトを受けた高校のうち、同校のみが

甲子園に出場できなかったという皮肉な結果に終わります。

 

また高校時代は野球部の寮に住んでおり、野球漬けの毎日でした。

 

ちなみにポジションは主にピッチャーかショートで、高校3年生の時には

主将を務めて、後にヤンキースなどで活躍する伊良部秀樹選手と

投げ合ったこともありました。

 

遠藤1

(高校時代)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

遠藤章造さんは高校卒業後は大学などに進学せず、就職することになります。

 

高校時代にはプロ野球のスカウトから声もかけられますが、

結局は入団には至りませんでした。

 

高校卒業後は事務機器のセールスマンとして就職しますが、

お笑い芸人を目指すためにすぐに退職してしまっています。

 

中学生の時の同級生の田中さんに声をかけて、そろって上京。

 

まったくツテもない中で、東京吉本のオーディションをいきなり受けて

合格します。

 

デビュー後の活躍は周知の通りで、瞬く間に人気お笑いコンビの

仲間入りも果たします。

 

現在はコンビでの活動のほか、単独でもかなり多くのメディアに出演していますが、

今後の活動にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ