狩野舞子の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

 

狩野舞子(かのう まいこ)

 

 

1988715日生

身長185㎝、体重68kg

血液型はA

 

東京都三鷹市出身の元バレーボール選手、タレント

 

以下では狩野舞子さんの学歴と経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3人姉妹の末っ子で、次姉の狩野美雪もバレーボール選手。

 

2007年に久光製薬スプリングスに入団して、Vプレミアリーグデビュー。

 

 

20094月に初の全日本メンバー入り。

 

20101月に左アキレス腱を断絶して、7月に久光製薬を退団。

 

201011月にイタリア1部リーグ「パヴィーア」に入団し、セリエA1にデビュー。

 

 

20116月に全日本に復帰。

 

 

2012年のロンドンオリンピックのメンバーに選出されて、チームは銅メダルを獲得。

 

 

20129月に久光製薬に復帰して、セッターへ転向。

 

 

20156月に現役引退を発表したが、20167月にPFUブルーキャッツに入団して現役復帰。

 

 

20184月に2度目の現役引退を発表した。

 

学歴~出身高校・大学

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 八王子実践高校 偏差値43(容易)

 

 

狩野舞子さんの出身校は、私立の共学校の八王子実践高校です。

 

この高校は女子バレーボール部が春高バレーの強豪として知られ、全国大会の常連です。

 

またこのところは「J特進」(偏差値62)や「特進」(同56)などの進学コースを設けていますが、狩野さんが在籍した時代にはそのようなコースはなく、また調理科があった時代です。

 

狩野さんは中学時代に頭角を現していますが、母親の出身校でもあるこの高校に進学しています。

 

ちなみにお姉さんの美雪さんもこの高校のバレーボール部の出身です。

 

高校1年生の時からエースとして春高バレーなどで活躍し、高校2年生からはチームのキャプテンを務めています。

 

しかし高校時代から骨の成長に筋肉の発達が追いつかなかったことが原因の腰痛に悩まされており、目標だった日本代表入りは果たせませんでした。

 

現在の同校のバレーボール部も強豪ですが、狩野さんが在籍した当時のほうが練習量も多く、まさにバレー漬けの高校時代でした。

 

なお高校卒業後は実業団の久光製薬に入団したので、大学などには進学していません。

 

(高校時代)

 

【主な卒業生】

大林素子(タレント・元バレーボール選手)

登坂広臣(三代目 J Soul Brothers

 

学歴~出身小学校・中学校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:三鷹市立第四小学校

 

 

狩野舞子さんの出身小学校は、地元三鷹市内の公立校の第四小学校です。

 

父親は実業団で活躍したバレーボール選手で、母親も東京女子体育大学で選手として活躍したバレーボール一家に育っています。

 

しかし狩野さんは当初は女子サッカーをしていました。

 

小学校4年生の時に三鷹市の大沢スポーツクラブでバレーボールをはじめていますが、当時はどちらかといえばサッカーのほうがメインだったようです。

 

出身中学校:八王子実践中学校 偏差値42(容易)

 

 

狩野舞子さんは小学校卒業後は、私立の共学校の八王子実践中学校に進学しています。

 

出身高校の系列中学にあたり、高校には内部進学の形で進んでいます。

 

この中学校には女子サッカー部がなく、男子に交じってプレーするほどの思いもなかったことから、「バレーでいいか」といった軽い気持ちでバレーボール部に入部しています。

 

しかし小学校6年生で既に身長が174㎝もあったことや同校のバレーボール部も強豪だったことから、中学時代にバレーボール選手として大きく開花しています。

 

狩野さんは中学生時代に全国都道府県対抗大会の東京選抜のメンバーに選ばれたばかりか、中学3年生の頃には中田久美さん以来24年ぶりとなる中学生で日本代表候補に選ばれています。

 

ただし前述したように腰痛のため、この頃に全日本入りは果たせませんでした。

 

以上が狩野舞子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

現役時代は美人アスリートとして注目されて、バラエティー番組などにもたびたび出演してきました。

 

引退後はバレーボールの解説者としての活動のほか、さらにテレビ出演が増えることも予想されます。

 

またMLBで活躍する大谷翔平選手との結婚情報がマスコミに取り上げられるなど、未だに何かと注目される存在です。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ