池脇千鶴の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

池脇千鶴(いけわき ちづる)

 

池脇

 

19811121日生

身長155

 

大阪府出身の女優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人兄妹の妹で5歳年上の兄がいる。

 

1997年に8代目リハウスガールとしてデビュー。

 

池脇1

 

1998年の大河ドラマ「徳川慶喜」で女優デビュー。

 

1999年に主演した映画「大阪物語」の演技が評価され、

多くの映画賞の新人賞を受賞。

 

以降も「金髪の草原」や「ジョゼと虎と魚たち」、

「ストロベリーショートケイクス」などの映画で主演。

 

2000年の「るんは風の中」でドラマ初主演し、翌年のNHKの朝ドラ

「ほんまもん」でヒロインに抜擢。

 

その他にも「ナニワ金融道」や「風林火山」などの話題作の連続ドラマに出演。

 

2014年に出演した映画「そこのみにて光り輝く」でも多くの映画賞を受賞。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 玉川高校(中退) 偏差値40(容易)

※現在は枚岡樟風高校

 

池脇千鶴さんが入学したのは、府立の共学校の玉川高校です。

 

同校は2003年に府立食品産業高校と統合されて閉校し、

現在では枚岡樟風高校となっています。

 

池脇さんは幼少期からスポーツに親しみ、小学生の時には

卓球とソフトボールを、中学生の時にはバレーボール部に

所属していました。

 

同校在学中はサッカー部のマネージャーを務めています。

 

しかし高校1年生の頃にリハウスガールに抜擢され芸能界入りし、

その後は女優としても映画やドラマに起用されることになりましたので、

時期は不明ですが高校は中退してしまっています。

 

とは言え、その後の活躍は目覚ましく、多くの映画やドラマに出演する

人気女優となったばかりか、その演技力にも注目されて、

すぐに若手演技派女優の代表格になります。

 

最盛期には主演映画も毎年のように製作されていましたし、

NHKの朝ドラのヒロインとして人気も全国区になりました。

 

現在では主演作は減ったものの、脇役として多くの作品に出演していますし、

未だに根強い人気を誇っています。

 

年齢とともに演技の評価も高まっていることから、女優としても

今後のさらなる進化も期待できるはずです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ