岡本杏理の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

 

 岡本杏理(おかもと あんり)

 

 

199471日生

身長167

血液型はA

 

東京都出身の女優、ファッションモデル

本名同じ

 

以下では岡本杏理さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

家族構成は両親と兄。

 

2003年にファッションモデルとしてデビュー。

 

2005年のテレビドラマ「牙狼」で女優デビュー。

 

2007年の「恋する日曜日」でテレビドラマ初主演。

 

2008年に「東京少女」で連続ドラマ初主演。

 

 

2009年からファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデルを務める(20152月まで)

 

 

同年から「めざましテレビ」のいまドキ娘を担当。

 

 

2010年の「ケータイ刑事 銭形結」で地上波連続ドラマ初主演。

 

 

以降も「ヴァンパイア・ヘブン」や「セブンティーンキラー」、「ラブリラン」などのテレビドラマに出演。

 

「キスマイBUSAIKU!?」や「スカッとジャパン」などのバラエティー番組にも出演している。

 

2015年から「non-no」の専属モデルを務める(201810月に卒業)

 

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:堀越高校 トレイトコース 偏差値37(かなり容易)

 

 

岡本杏理さんの出身校は、芸能人御用達で知られる堀越高校です。

 

出身小学校・中学校は練馬区立八坂小学校練馬区立八坂中学校が有力です。

 

岡本さんは子供の頃から運動神経が万能で、小学校1年生からはじめたバレーボールでは全国大会にも出場したことがあります。

 

他にもトランポリンやダンスなどをおこなっています。

 

小学校3年生の時に代々木体育館で春高バレーを観戦後、原宿でスカウトされて芸能界入りしています。

 

小学校4年生の時にファッションモデルとしてデビューしますが、以降はバレーボールを辞めてしまっています。

 

ただし小学校6年生で初出演した映画「スマイル」の役どころがフィギュアスケート少女だったので、岡本さんはそれまで氷にも乗った経験がないにも関わらず、わずか3か月でフィギュアを1曲滑れるようになったエピソードもあります。

 

 

中学1年生の時にはじめてドラマに主演すると、中学校3年生の時には当時の最年少でティーン向けファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデルに起用されています。

 

中学時代にはモデルとしても女優としても若手有望株とされており、より幅広く芸能活動をおこなうために堀越高校の芸能コースに進んでいます。

 

岡本さんは堀越高校では、女優の川口春奈さんや俳優の須賀健太さんらと同級生でした。

 

高校時代には連続ドラマの主演を務めたほどで、大政絢さんや桜庭ななみさんらと並んでネクストブレイクの女優候補などと呼ばれていました。

 

またすごく楽しかったことも、一番辛かったことも高校時代と話しており、「考え方や様々なことが高校時代の経験で出来上がった」としています。

 

仕事はかなり多忙だったようですが、充実した高校生活だったようです。

 

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

岡本杏理さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校時代には既に若手女優やモデルとして注目の的だったことから、芸能活動一本に絞ったようです。

 

一時はファッションモデルとしての活動が中心となっていましたが、このところは連続ドラマのレギュラーとして起用されるなど、女優としての出演も増えています。

 

もともと演技力には定評があるので、今後はさらに出演作が増えていくかもしれません。

 

今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ