河野景子の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

河野景子(こうの けいこ)

 

 

19641112日生

身長163

 

宮崎県宮崎市出身のフリーアナウンサー、タレント

元フジテレビ所属

本名同じ

 

以下では河野景子さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

3歳年下の妹がいる。

 

1988年にフジテレビにアナウンサーとして入社して、同期には有賀さつきや八木亜希子、青島達也がいる。

 

(若い頃・左から本人、八木亜希子、有賀さつき)

 

19894月から「笑っていいとも!」のテレフォンアナウンサーを担当。

 

1991年から「FNNワールドアップリンク」に出演。

 

 

フジテレビ時代には同期入社の有賀と八木とともに「花の三人娘」として高い人気を誇る。

 

19943月にフジテレビを退社して、フリーアナウンサーに転向。

 

同年5月から「投稿!特ホウ王国」の司会を務める。

 

19955月に8歳年下で大相撲横綱の貴乃花と結婚し、一男二女をもうける(長男は靴職人でタレントの花田優一)

 

 

201810月に元貴乃花親方の花田光司と離婚した。

 

 

学歴~出身大学

 

スポンサードリンク



 

出身大学:上智大学 外国語学部フランス語学科 偏差値63(やや難関)

 

 

河野景子さんの出身大学は、名門私立大学として知られる上智大学です。

 

この大学の外国語学部は看板学部のひとつですが、河野さんの在籍したフランス語学科は英語学科やドイツ語学科などに比べると、やや難易度が下がります。

 

河野さんがフランス語学科を選択したのは、高校時代の恩師に「3か国語を武器にしなさい」と言われたことがきっかけです(英語、日本語、仏語)

 

20歳の時に参加者が足りないからと頼まれて出場したミスコンの「ミスソフィア」でグランプリに輝いています。

 

 

このことがきっかけでタレント活動をはじめており、紀行番組の「世界めぐり愛」の女子大生レポーターを務めています。

 

さらには「週刊朝日」の表紙モデルを務めたほか、様々な雑誌に美人女子大生として登場しています。

 

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

出身高校:宮崎大宮高校 偏差値63 or 70(現在)

 

 

河野景子さんの出身校は、県立の共学校の宮崎大宮高校です。

 

この高校は1888年開校の伝統校で、地元では古くからの進学校として知られています。

 

現在は普通科(偏差値63)のほか、文科情報科(偏差値70)を設けており、最難関大学の東京大学などにも合格者を輩出しています。

 

河野さんが在籍した当時の明確な偏差値は不明ですが、1980年代も10人前後の東大の合格者を出した年もあり、現在と同等あるいは現在以上のレベルだったと推測します。

 

河野さんは高校時代は新体操部に在籍するなど、スポーツも好きだったようです。

 

また高校2年生の時に交換留学生として、アメリカニューヨーク州のオネオンタ高校に1年間留学経験があります。

 

出身中学校は国立の宮崎大学教育学部附属中学校(偏差値58)で、こちらも地元では進学校として知られています。

 

なお河野さんの出身小学校は明らかになっていませんが、この中学校の系列校の宮崎大学教育学部附属小学校の可能性が高いと思われます。

 

河野さんは小学校5年生の時に見た紀行番組の「兼高かおる世界の旅」などの影響で、将来はアナウンサーになって海外で活躍したいとの夢を持っています。

 

また小学校時代は放送部に在籍しました。

 

以上が河野景子さんの学歴のまとめとなりますが、このところは元貴乃花親方との離婚もあってマスコミをにぎわせています。

 

またアナウンサーとして復帰や政界入りなども噂されており、今後の動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ