衛藤美彩(乃木坂46)の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

衛藤美彩(えとう みさ)

 

衛藤

 

199314日生

身長162

 

大分県出身の歌手、タレント

アイドルグループ「乃木坂46」のメンバー

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2010年に大分県のアイドルグループ「CHIMO」のメンバーとなり、

メインボーカルを担当。

 

衛藤2

 

2011年にスカウトされて芸能界入りし、「ミスマガジン2011」の

グランプリを獲得。

 

同年8月に乃木坂461期生のオーディションに合格してメンバー入り。

 

ドラマ「もっと熱いぞ!猫ヶ谷」で女優デビューを果たし、

「初森ベマーズ」などにも出演している。

 

20122月にグループは「ぐるぐるカーテン」でメジャーデビュー。

 

2014年のスーパー・エキセントリック・シアター主宰の「カミナリ」で

舞台初出演。

 

20164月から女子野球日本代表の公式サポーターを務める。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大分情報科学高校 偏差値49(やや容易)

 

衛藤美彩さんの出身校は、県立の共学校の大分科学情報高校です。

 

同校は商業科の情報管理科や情報経営科、工業科の情報電子科のみを

設置しており、普通科はありません。

 

またサッカー部が県内では強豪として知られています。

 

衛藤さんは高校1年生の時に、地元大分市の情報誌「CHIME」のモデル

として芸能活動を開始しています。

 

また高校2年生の時にはローカルアイドルグループのCHIMOとしても

活動も活動しており、メインボーカルも担当。

 

中学生の頃はバレーボール部に所属して部活動に打ち込みましたが、

高校ではおこなっていないようです。

 

衛藤1

(高校時代)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

衛藤美彩さんは高校卒業後は大学などに進学せず、

歌手を目指して上京しています。

 

高校を卒業するタイミングでスカウトされて上京しますが、

その年にグラビアアイドルとして人気を博し、ミスマガジンの

グランプリも獲得するという幸先のよい滑り出しでした。

 

その後は乃木坂46に加入し、主要メンバーとしても活動しています。

 

またグループでの活動以外でも、ドラマや舞台に出演して着々と

キャリアを磨いているようです。

 

人柄のよさでも知られていますから、ファンからも絶大な支持を

集めていますので、今後の活動なども楽しみなひとりです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ