草野マサムネ(スピッツ)の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

草野マサムネ(くさの まさむね)

 

 

19671221日生

身長167.5㎝、体重53

 

福岡県福岡市出身のミュージシャン

ロックバンド「スピッツ」のメンバーでボーカル

本名は草野正宗(くさの まさむね)

 

以下では草野マサムネさんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

1987年に三輪テツヤらとスピッツを結成。

 

 

19913月に1stシングル「ヒバリのこころ」でメジャーデビュー。

 

 

1995年の11thシングル「ロビンソン」がロングセラーとなって、162万枚を超える大ヒットになる。

 

 

以降も「涙がキラリ」や「空も飛べるはず」、「スカーレット」などの楽曲がヒット。

 

 

スピッツのほとんどの楽曲の作詞・作曲を担当している。

 

他にも平井堅やPUFFYらのアーティストにも曲を提供している。

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福岡県 城南高校普通科 偏差値66(難関・現在)

 

 

草野マサムネさんの出身校は、県立の共学校の城南高校です。

 

この高校は1963年開校の県立校で、2010年にスーパーサイエンスハイスクールに指定されたことから、このところレベルも上がっているようです。

 

また現在では理数科(偏差値67)も設置されていますが、草野さんが在籍した当時は普通科のみの設置でした。

 

福岡市立原北小学校から福岡市立原北中学校を経て、同校に進学しています。

 

草野さんは幼少期から体が弱く、学校も休みがちになったこともあったようです。

 

その反面、小学生の頃から勉強ができて、当時の夢は「博士」だったと語っています。

 

小学生の頃はラジオの音楽番組のカウントダウンを毎週チェックしており、当時から音楽好きだったことが窺えます。

 

また小学生の低学年の時に父方と母方の祖父が亡くなったことをきっかけに「死」を意識して、切手収集などをした際にも「死んだ時になんの意味があるんだ?」と自問するほどでした。

 

中学校時代は1年生の1学期だけテニス部に所属して、後に陸上部に転部して部長も務めています。

 

草野さんは高校では友人とコピーバンドを結成しており、音楽的なルーツは高校時代にあるようです。

 

ただし高校1年生の時には原因不明の鬱のような状態になっていますが、親などに悟られないように、明るく振舞っていたと話しています。

 

そしてその際には「何のために生きているんだろう」とか「生きている必要は本当にあるんだろうか」などについて、いろいろ書いていたとも話しています。

 

(高校の卒アル)

 

【主な卒業生】

KAN(シンガーソングライター)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:武蔵野美術大学 造形学部基礎デザイン学科 偏差値47(難関)

※東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻(偏差値45・やや難関)を中退

 

 

草野マサムネさんの出身大学は、武蔵野美術大学です。

 

この大学は学科試験こそさほど難しくありませんが、実技試験がレベルの高い名門美術大学です。

 

草野さんは当初は東京造形大学に入学していますが、「仮面浪人」でその後に武蔵野美術大学に合格したことで中退しています。

 

しかし東京造形大学時代に所属した軽音楽サークル「重音」で、後にスピッツのベースを担当する田村明浩さんと意気投合してスピッツの前身となるバンドを結成しています。

 

(大学時代のイラスト)

 

24歳の時にスピッツはメジャーデビューを飾って、28歳の時に「ロビンソン」が大ヒットとなり人気バンドの仲間入りを果たしています。

 

その後もバンドは秀逸な作品を多数リリースしており、そのほとんどを手掛ける草野さんは「天才詩人」の異名をとるほど高く評価されています。

 

既に年齢は50歳を超えていますが、バンドはもちろん個人としても未だに第一線で活躍しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ