菅野莉央の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

菅野莉央(かんの りお)

 

 

1993925日生

身長160

 

埼玉県出身の女優

本名同じ

 

以下では菅野莉央さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

ひとりっ子。

 

2歳の頃から「セントラル子供タレント」に所属して、4歳だった1997年にテレビドラマ「校長が変われば学校も変わる」で子役デビュー。

 

2002年の映画「仄暗い水の底から」で、主演の黒木瞳の娘役を演じて注目される。

 

 

以降も「風のハルカ」や「風林火山」などのテレビドラマに子役として出演。

 

 

2016年にNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」に出演。

 

 

2018年にテレビドラマ「下町ロケット2」にレギュラー出演。

 

 

「悪の教典」や「闇金ドッグス」、「じんじん」などの映画にも出演している。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:不明

 

菅野莉央さんの出身高校や中学校については不明です。

 

ただし本人はインタビューで「中学受験」をしたと話しており、私立の中高一貫校に通学した可能性が高そうです。

 

2歳で子役タレントとしてデビューしていますが、きっかけは母親が「雑誌に載ったら記念になる」と軽く考えたからでした。

 

小学校2年生の時に自身が出演した「仄暗い水の底から」を劇場で観たことで、ホラー映画が苦手になってトラウマになってしまったと語っています。

 

小学生の頃は撮影現場に行くとスタッフの人々が一緒に遊んでくれたので、とにかく現場が楽しくて女優の仕事を続けたいなと思ったそうです。

 

小学校6年生の時に子役の事務所から大手の「アミューズ」に移籍していますが、この移籍も自分で決めて面接を受けています。

 

なお子役事務所時代は俳優の神木隆之介さんと同期でした。

 

中学時代から学業が中途半端になると仕事をしているからと言われるのが嫌で、学業と仕事の両立を心がけていると話しているので、学校の成績も悪くはなかったようです。

 

以降も数多くのテレビドラマや映画に出演していますが、菅野さんの中学時代や高校時代の情報は皆無で、高校生活の詳細なども不明です。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:法政大学 人間環境学部 偏差値58(中の上)

 

 

菅野莉央さんは高校卒業後は、法政大学に進学しています。

 

この大学を選んだのは高校時代にオープンキャンパスに訪れて、雰囲気がよかったことを挙げています。

 

大学時代の成績も優秀で、韓国に1年間の派遣留学の経験もあります。

 

留学に関しては高校時代から漠然とした望みがあったそうで、そのためハングルも堪能とのこと。

 

大学卒業後も多くの作品に出演していますが、このところは話題の連続ドラマにレギュラーとして起用されるなど、徐々に注目を集めています。

 

子役出身だけに演技力には定評があるので、今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ