福田麻由子の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

 

福田麻由子(ふくだ まゆこ)

 

 

199484日生

身長161

 

東京都出身の女優

本名同じ

 

以下では福田麻由子さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

1998年に東京児童劇団に入団して、「ケンタッキーフライドチキン」のCMでデビュー。

 

(子供の頃)

 

1999年の「葵 徳川三代」でテレビドラマ初出演。

 

2004年の「下妻物語」で映画初出演。

 

 

同年の「本当にあった怖い話 「旅立ちの靴音」」でドラマ初主演。

 

 

2005年のテレビドラマ「女王の教室」の演技で注目される。

 

 

以降も「白夜行」や「てるてるあした」、「演歌の女王」などの連続ドラマにレギュラー出演。

 

 

SPドラマ「霧の火」で主演している。

 

 

Little DJ」や「ヘブンズ・ドア」、「フレア」などの映画にも主演している。

 

 

子役時代には「NTT東日本」や「エースコック」、「松下電器」など数多くのCMにも出演していた。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 桜美林高校 偏差値61(やや難関)

 

 

福田麻由子さんの出身校は、私立の共学校の桜美林高校です。

 

同校は1946年開校のキリスト教系のミッションスクールで、硬式野球部が強豪として知られています。

 

福田さんの出身中学校は明らかではありませんが、系列の桜美林中学校(偏差値59)が有力です。

 

4歳の時に児童劇団に入団して、5歳で女優として活動を開始していますが、子供の頃はコンプレックスを感じたり、芸能活動を窮屈に思う気持ちがあったと語っています。

 

父親が元バンドマンだったことから幼少期から音楽に親しんで、ピアノも習っています。

 

小学生の頃から学校の成績が優秀で、小学5年生の頃にはオール5をとったこともありました。

 

11歳の時に志田未来さんらとともに出演した「女王の教室」で子役としてブレイクしましたが、中学時代にも「学生のはずなのに、なんで仕事してるんだろう」との思いはあったそうです。

 

高校時代に出演した舞台がきっかけで、子供の頃からあった閉塞的な感覚ががらりと変わったと話しています。

 

また中学2年生の時に川上未映子さんの小説と出会ったことから読書に熱中し、高校時代は夏目漱石やドストエフスキー、サルトルやカントなどを読みこなしていました。

 

なお高校時代の得意科目は国語で、苦手科目は世界史でした。

 

 

【主な卒業生】

前田愛(女優)

前田亜季(女優)

夏木陽介(タレント)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:立教大学 文学部 偏差値5860(学科不明のため)

 

 

福田麻由子さんは高校卒業後は、立教大学に進学しています。

 

福田さんは進学先の大学を明らかにしてはいませんが、立教大学での目撃情報が多いことから、間違いはなさそうです。

 

「人間を演じる職業なので、いろいろな人に出会える世界に身を置くことが必要」と考えて大学進学を決めたと語っています。

 

高校3年生の時は受験勉強もあって仕事の量は抑え気味でしたが、大学生になると再び多くの作品に出演しています。

 

また大学進学を機に、一人暮らしもはじめています。

 

子役出身だけに安定した演技力に定評があって、多くの出演作に花を添えています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ