生島翔の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

生島翔(いくしま しょう)

 

 

1985728日生

身長171

 

東京都出身の俳優、ダンサー

本名同じ

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

父親は生島ヒロシで、兄は俳優の生島勇輝。

 

 

2007年からアメリカのニューヨークを拠点にして、ダンサーとして活動を開始。

 

 

その後にドイツのカッセル州立劇場と契約して、活動拠点をドイツに移す。

 

2010年に帰国してダンサーとして活動する傍ら、俳優としても活動を開始してミュージカルや舞台に出演。

 

2012年の「堤幸彦の記録」でテレビドラマ初出演。

 

 

2013年の「35歳の高校生」で連続ドラマ初出演。

 

2014年の「闇金ウシジマくん」で映画初出演。

 

以降も「きみはペット」や「監査役野崎修平」、「ドロ刑」などのテレビドラマに出演。

 

 

 

2018年にハリウッド映画「DARC」に準主役として起用される。

 

 

ダンサーや振付師としても活動している。

 

学歴~出身中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:アイデルワイルド・アーツ・アカデミー ダンス科 難易度不明

 

 

生島翔さんの出身校は、アメリカのカリフォルニア州にある私立の共学校のアイデルワイルド・アーツ・アカデミーです。

 

同校は1946年開校の寄宿制の芸術学校で通常の高校のカリキュラムと並んで、ダンスや音楽、演劇や絵画などを学ぶことができます。

 

芸術学校としてはアメリカでは有名な存在で、バークリー音楽院などの名門芸術系大学に多くの卒業生を輩出しています。

 

生島さんは東京の私立の暁星中学校(偏差値69)から同校に進学しています。

 

父親の生島ヒロシさんも大学時代に留学しているので、小さい時からアメリカ留学を意識しています。

 

中学生の時に寝坊した兄の勇輝さんに代わって行った留学説明会でこの学校の存在を知って、自由な校風などに惹かれて渡米して同校に進学しています。

 

生島さんは同校のダンス科に在籍しますが、当初は英語も喋れずにダンスもできない状態でした。

 

そのため22時の就寝時間後もトイレに籠って英語などを勉強して、当時は1日の睡眠時間は34時間がざらでした。

 

また同校ではダンスだけではなく、演劇や戯曲なども学んでいます。

 

ちなみに生島さんは2010年に帰国後にTOEICを受験していますが、975点というかなりの高得点を記録しており、相当の英語力を身に着けています。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:ニューヨーク大学ティシュ・スクールオブアート 難易度不明

 

 

生島翔さんは高校卒業後は、ニューヨーク大学ティシュ・スクールオブアートに進学しています。

 

同校はニューヨーク大学が運営する芸術学校で、映画関係者の養成で定評があります。

 

生島さんは同大でもダンスを専攻し、飛び級で3年間で卒業するほどの優秀な成績を残しています。

 

大学卒業後はニューヨークやドイツを拠点にダンサーとして活動をしていましたが、俳優になる夢を諦めきれずに25歳で帰国。

 

帰国後はダンサーとしての活動の傍らで、俳優として舞台やテレビドラマ、映画に出演しています。

 

このところは連続ドラマのレギュラーキャストに起用されるなど注目を集めているので、今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ