南野拓実の学歴|出身高校中学校や小学校の偏差値

 

 南野拓実(みなみの たくみ)

 

 

1995116日生

身長174㎝、体重67

 

大阪府泉佐野市のプロサッカー選手

 

以下では南野拓実さんの学歴や経歴、中学校や高校の偏差値や中学校・高校時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟の弟(兄は3歳年上)。

 

20128月にセレッソ大阪のメンバーとして大宮アルディージャ戦でJリーグデビューを飾る。

 

2013年にトップチームに昇格して、ジュビロ磐田戦でクラブのJ1最年少得点記録を更新。

 

 

ルーキーイヤーから主力選手として活躍して、同年のJリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞。

 

 

2014年のチームのJ2降格を受けて、20151月にオーストリア・ブンデスリーガのザルツブルクに完全移籍。

 

 

201510月のワールドカップ2次予選で日本代表に初招集。

 

20189月にキリンチャレンジカップのコスタリカ戦で、代表初ゴールを挙げた。

 

 

学歴~出身小学校・中学校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:泉佐野市立長坂小学校

 

 

南野拓実さんの出身小学校は、地元の公立校の長坂小学校です。

 

3歳の時にワールドカップ・フランス大会で、ロナウドらのスーパースターのプレーを見たことからサッカーに興味を持っています。

 

子供の頃から活発で、フレンド幼稚園に入園後に本格的にサッカーをはじめています。

 

小学生の頃はゼッセル熊取FCに所属しており、幼稚園からの幼馴染だった室屋成選手とはチームメイトでした。

 

 

小学生時代から際立ったセンスを発揮して「ボールを持ったら離さない」と言われたほどで、とある大会ではキックオフから全員抜きをしてゴールを決めたほどです。

 

また当時からかなりの負けず嫌いで、練習などでベンチに下げられるとコーチに食ってかかるほどでした。

 

またPK戦でも自ら志願してゴールキーパーを務めたこともありました。

 

しかし残念ながら、ゼッセル時代には全国大会は経験できませんでした。

 

出身中学校:泉佐野市立第三中学校

 

 

南野拓実さんは小学校卒業後も、地元の公立校の第三中学校に進学しています。

 

中学校に進学すると、スカウトを受けていたセレッソ大阪U-15に入団しています。

 

ちなみに南野さんの兄もこのチームに所属しており、迷いはなかったとのこと。

 

中学校3年生の時にはチームはU-15の全日本クラブユースサッカー選手権に出場し、主力選手としてベスト8までチームをけん引して、得点王にも輝いています。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 興国高校アスリートアドバンスコース 偏差値43(容易)

 

 

南野拓実さんの出身校は、私立の男子校の興国高校です。

 

同校は古くからスポーツが盛んで、ボクシング部やサッカー部は全国的な強豪として知られています。

 

南野さんは高校へ進学すると、セレッソ大阪U-18に昇格(同校のサッカー部には所属していない)

 

高校時代もサッカー選手として進化を遂げて、高校1年生の時からチームではレギュラーを務め、プリンスリーグ関西1部でも優勝。

 

高校2年生の時のJリーグユース選手権では、8試合で13得点を挙げて得点王に輝いています。

 

 

そして高校3年生の時にはJリーグデビューして、天皇杯では初得点も記録しています。

 

高校卒業後にトップチームに昇格したことから、大学などには進学していません。

 

トップチームでもいきなり主力選手として活躍しており、新人王にあたるJリーグベストヤングプレーヤーを受賞。

 

20歳の時にザルツブルグに移籍していますが、2年連続で二桁得点を挙げるなどの活躍を見せています。

 

南野さんは既に日本代表としても召集されており、今後は代表でも中心的な存在になっていきそうです。

 

今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ