斉藤暁の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値

 

斉藤暁(さいとう さとる)

 

 

19531028日生

身長165

 

福島県郡山市出身の俳優

本名同じ

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟の弟。

 

当初は劇団「オンシアター自由劇場」に所属して、多くの舞台に出演。

 

その後に劇団「東京壱組」を立ち上げる。

 

1978年のNHKの大河ドラマ「黄金の日々」でテレビドラマ初出演。

 

以降も数多くのテレビドラマに出演するが、端役が多かった。

 

1990年代前半から演技派の脇役として知名度が上昇。

 

1997年に出演したテレビドラマ「踊る大捜査線」の秋山春海副所長役でブレイクを果たす。

 

 

以降も数多くの作品に出演しており、テレビドラマの代表作は「科捜研の女」や「葵 徳川三大」、「ケータイ刑事シリーズ」など。

 

 

トランペットが得意で、バンド活動もしている。

 

 

私生活では20代で結婚して子供をもうけているが、離婚している。

 

(元妻と)

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福島県 郡山工業高校 電気科 偏差値45(容易)

※現在は郡山北工業高校

 

斉藤暁さんの出身校は、県立の共学校の郡山工業高校です。

 

同校は1977年に郡山西工業高校と統合されて、現在は郡山北工業高校になっています。

 

斉藤さんは郡山市立第二中学校から同校に進学しています。

 

出身小学校は不明ですが中学校の学区からすれば、郡山市立金透小学校か郡山市立芳山小学校、郡山市立桃見台小学校、郡山市立赤木小学校のいずれかのようです。

 

斉藤さんは子供の頃に見た旅芝居の舞台で、役者という仕事に興味を持っています。

 

子供の頃から運動神経がよく、中学時代は器械体操部、高校時代はバレーボール部に所属しています。

 

実家が電気工事の会社を経営していたことから、兄とともに会社を継ぐために同校の電気科に進学しています。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

斉藤暁さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、就職しています。

 

就職先は父親が経営する電気工事の会社でしたが、電気のコードの皮がむけないなど仕事が向いておらず、最後は父親とつかみ合いのケンカをして退職。

 

その後は開局したばかりのテレビ局に就職しましたが、照明と大道具の仕事を1人でやらされたためこちらも退職しています。

 

そのため子供の頃から興味のあった役者になるために「オンシアター自由劇場」という劇団の試験を受けたら合格し、俳優としてのキャリアをスタートさせます。

 

しかし下積み生活が長く、当時の奥さんが働いて支えていましたが、最終的には経済的な事情から離婚してしまっています。

 

ところがコツコツとテレビドラマや映画に出演したところ、アラフォーくらいから仕事のオファーが増えて知名度も上昇。

 

そして44歳で出演した「踊る大捜査線」の「スリーアミーゴズ」としてブレイクして、以降は数多くの作品に出演しています。

 

かなりの苦労人でもあるので、今後のさらなる活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ