古田新太の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

古田新太(ふるた あらた)

 

古田

 

1965123日生

身長173㎝ 体重70

 

兵庫県出身の俳優

本名は古田岳史(たけふみ)

 

経歴やプロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

1984年に俳優の渡辺いっけいに誘われて「劇団新☆感線」に入団。

 

その後は看板俳優になって、長きにわたり多くの作品に出演。

 

1993年ごろからテレビドラマに出演しはじめ、1995年の

「極道の妻たち」が映画初出演。

 

2000年に出演した「池袋ウエストゲートパーク」で知名度が上がり、

以降は様々な作品に出演。

 

テレビドラマの代表作は、「あまちゃん」や「木更津キャッツアイ」、

「逃げるは恥だが役に立つ」など。

 

映画は「木更津キャッツアイシリーズ」や「20世紀少年シリーズ」。

 

2008年の「小森生活向上クラブ」で映画初主演を果たした。

 

2013年の「間違われちゃった男」でドラマ初主演。

 

妻はタレントの西端弥生で女児がいる。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:兵庫県 伊川谷高校 偏差値48(やや容易)

 

古田新太さんの出身校は、県立の共学校の伊川谷(いかわだに)高校です。

 

小学生の頃に舞台俳優を志し、中学ではバンドを組んで、高校時代には

ライブハウスで演奏もしていました。

 

また同校の演劇部にも所属して役者として出演するなど、高校時代は

かなりアクティブに活動しています。

 

加えてお笑い好きだったので、コントユニットも組んでいたことも

ありました。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:大阪芸術大学 芸術学部(除籍) 偏差値42(容易)

 

古田新太さんは高校卒業後は、大阪芸術大学に進学して舞台俳優を

目指すことになります。

 

大学ではミュージカルを専攻していましたが、大学3年生以降の学費を

支払っていなかったことが卒業間近に発覚して、同大を除籍となっています。

 

古田1

(若い頃)

 

しかし同じ学部の先輩だった渡辺いっけいさんに誘われて「劇団新☆感線」に

入団したことから、役者人生ははじまりました。

 

その後は劇団の看板俳優として活動する傍ら、ドラマや映画にも進出。

 

そして「木更津キャッツアイ」や「あまちゃん」などでの怪演が評価されて、

現在では人気個性派俳優のひとりです。

 

ひときわ存在感のある役者だけに、貴重なバイプレーヤーとして

末永い活躍を期待したいです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ