なぎら健壱の学歴|出身中学校高校や大学の偏差値

 

なぎら健壱(なぎら けんいち)

 

 

1952416日生

身長168

 

東京都中央区出身のタレント、フォークシンガー

本名は柳楽健一(なぎら けんいち)

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

ひとりっ子。

 

1972年に1stアルバム「万年床」で歌手デビュー。

 

(若い頃)

 

1976年に映画「嗚呼!花の応援団」で役者デビューして注目される。

 

 

「こころ」や「3B組仙八先生」、「梅ちゃん先生」などのテレビドラマにも出演。

 

 

月曜ドラマスペシャル「日本一のツイてない男」では主演している。

 

 

19844月から「笑っていいとも!」に曜日レギュラーとして出演(19853月まで)

 

1991年からお色気バラエティー番組「ギルガメッシュないと」にレギュラー出演。

 

他にも「タモリ楽部」や「出没!アド街ック天国」などのテレビ番組に出演している。

 

 

既婚者で長男はヒップホップユニット「REM」のeito.08

 

学歴~出身小学校・中学校・高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 本所工業高校 偏差値38(かなり容易)

※現在は閉校

 

なぎら健壱さんの出身校は、都立の共学校の本所(ほんじょ)工業高校です。

 

同校は2005年に同じ都立の水元高校と統合されて、葛飾総合高校となったことから現在は閉校しています。

 

なぎらさんは中央区立京橋小学校から葛飾区立金町中学校を経て、同校に進学しています。

 

父親は宝石箱などを作る職人で、小学校時代は父の跡を継ごうと思っています。

 

中学生の頃は文芸部と美術部に在籍するなど、インドア派でした。

 

また中学生の頃からフォークギターをはじめて、高校時代にはフォークグループ「シャンゼリゼ」を結成しています。

 

また高校時代に高石友也さんに感化されてアングラフォークに傾倒し、高校3年生の時には「全日本フォークジャンボリー」にアマチュアとして飛び入りで参加しています。

 

【主な卒業生】

原田芳雄(俳優)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:専門学校 ヴィジュアルデザイン研究所 偏差値なし

※現在は閉校

 

なぎら健壱さんは高校卒業後は、専門学校のヴィジュアルデザイン研究所に進学しています。

 

同校でグラフィックデザインの勉強をする傍ら、フォークシンガーとしても活動しています。

 

20歳で歌手デビューを果たしていますが、以降はコミックソングなどで注目されることになります。

 

また幅広い知識や多趣味を活かしてタレントとしても人気を博して、数多くのバラエティー番組にも出演。

 

さらにはエッセイストや漫談家としても活動しており、何が本業かわからないほどのマルチぶりを発揮しています。

 

各ジャンルで根強い人気を誇る人物なので、今後の活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ